遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

県道 の検索結果:

寸又峡

…していく。 権現滝。県道189号沿いにある。 巨岩の間を流れるチョックストーン滝のような様子。 名前を付ける程ではないように感じる。 富士見峠を越えて、接阻峡へ。 岩瀧不動が道路沿いにある。 道路を挟んだ正面に不動の滝あり。 中々の落差。こちらは満足。 少し進んだ道路沿いからも、大井川鉄道が良く見えた。 そして、メインディッシュ。 寸又峡は平日にもかかわらず、想像より盛況だった。 夢の吊橋へは、数十分歩くので暑い…。 写真では何度も見たことがあったが、なるほど綺麗な色。 周回…

大室山

…である、大室山へ。 県道沿いの駐車スペースに車を停めて歩き始める。 すぐにゲートがある。 樹海の植生はどこも変わらないが、不思議と生命力を豊かに感じられる。 富士風穴では、児童が課外授業か何かで風穴に入っていた。 林道染みた広い歩道を進む。 特に広い窪地のような所に出る。 ここから適当に沢型を登っていく。 ブナも確かにあるのだが、植林ではないだろうか…。 目印が散見され、踏跡もある。 尾根末端からではなく、傾斜も大したことがなく、どこでも歩ける様子なので、適当に斜面に取りつく…

天狗山 尾股山

…クの里山、天狗山。 県道から少し入った人家の脇から登っていく。 石段になっているが、落ち葉で埋もれている。 こちらを通過。 こちらが山頂。社がある。木に巻かれた赤いテープがあるのみ。 そのまま西へ延びる尾根を下る。 植林を経て・・・。 末端に出た。橋のたもと。 車で移動し、尾股山の取り付きへ移動・・・。 芦安グリーンロッジ、運動場の辺りへ。 駐車スペースは広場になっていて入れた。その奥が金網ゲートになっていて、そこがスタート。 入口にはお手製の劣化した赤テープがある。 右側の…

静岡

…ど歩きを強要される。県道のくせに、結構通れない道は多いものだ。しっかり復旧作業はしていた。 他にも歩きで滝に行く人もいるようで、何人かとすれ違った。 滝自体は見事だった。もう少し早い時間であれば、滝に日が当たって、なお良かっただろうか。落差70mとあるが、それ以上の高さを感じた。 抜けられると思っていた、この県道32号線がダメとなると、県道220号線を走り、県道64号→63号線へ連絡し、どんどん西へと向かう。 中々狭路が多く、セローでのツーリングの醍醐味はこういう道や林道を走…

紀伊半島ツーリング 3日目

…する。 国道42号〜県道37号線と交通量も少なく、順調に八草の滝。 百選の滝だが、水量はもとい…、最早語るも不要だろう。 直下に行けるようなので、そこに至れば多少評価が変わるのだろうか…。 そのまま県道を抜けて、奇絶峡へ向かう。 登山と絡めて来るところだ。地元の昇仙峡っぽい感じだ。 滝と触りの部分のみ…。 高野龍神スカイラインへ。 素晴らしい快走路で、バイクが多い。 滝には目が無いが、これはわざわざ撮る程ではない。 護摩壇山の肩にタワーがそびえていて、休憩地となっている。 バ…

紀伊半島ツーリング 2日目

…なので、見送った。 県道780号から布引の滝までにはいくつか標識があって滝が見られる。 上流から、荒滝。 落差も水量も十分で見事だ。 次、松山滝。 全景は収められない。下に降りて撮った。 まぁまぁ。上流の2つがいいだけに、という感じ。 最後、隠滝。 5〜10分程多少荒れた道を歩くが、行って損は無い。 更に下には、『大滝』の標識があって、それも見に行く。 落差は10mちょっとくらいだが、ツツジがが咲いていて和む。 気分よくしていたが、ここで突然本降り。 減光フィルターがまさかの…

紀伊半島ツーリング 1日目

…で高速道路を下りて、県道38号→県道169号と走って浜島付近。 さらっと書いているけれど、道中は長くて、ここで既に正午になりそうな時間。 そして、志摩スペイン村の付近、大渋滞!!(泣) 安乗岬へ向かう県道61号はかなりの狭路で驚く。 これまでも小雨が断続的に降ったが、ついにここで本降り。 晴れていれば、さぞや海が綺麗なのだろうが、生憎の有様。 更にゴロゴロ、ピカピカと雷雨で散々だ。 雨宿りして、小雨になったのを見計らって大王岬に移動。 が、ここで土砂降り! この写真の向かいの…

棚山

…。 何度となく通った県道で、いずれも帯那山などには行ったが、棚山には行っていなかった。 ドコモの電波塔の道を辿る。ゲートがしっかり閉まっているので歩いていく。 ここまで来る間に猛犬2匹がいて驚いた。片方は猟犬ぽい感じであったが、もう片方はただの白い老犬といった風体だった。 ここは分岐を左に行って、電波塔を見に行く。 坊ヶ峯のような展望台はない。 引き帰して、さっきの分岐を棚山へと向かう。すぐ鞍部はシラカバのキャンプ地のようになっていた。この先、完全な山道となる。 花を見ながら…

屋久島 1日目

…更に進んで上流には、県道からも見えた滝が少しだけ近くで見られた。 段瀑なので、優に50mはあるだろう。かなりの距離があるのに、迫力があった。 流石に梅雨ということなのか。 店主に聞いた感じでは、1本道のような印象だったが、実際は分岐が3〜4箇所あったと思う。 地図やコンパスで現在地は概ね把握できているが、指標は皆無で、果たしてこの道が湯泊歩道へと続いているのか不安になる。 一応、このゲートで僅かな確証を得る。 だが、まだまだ先は長い。 ゲートから3km強進んだところで、暗くな…

笹子峠〜清八山

…、国道20号に出て、県道212号をひたすら歩く! 県道212号の入口からでさえ、笹子隧道まで5.8kmあるらしい。 最近、釜無川の林道や黒野田林道いい、アプローチや下山後の処理が何だかな〜。 目安の距離が分かるのはありがたい。けど、辛い…。 隧道に着いた時には、だいぶ日が傾いて暗くなっていた。 出遅れていなければ、本社ヶ丸から先まで歩いていない部分も繋げられたのに…。 さて、次は笹子駅→本社ヶ丸→清八山→京土山もしくは御坂山、というコースを目論んでいる。 これなら嫌いな車道歩…

長野・岐阜ツーリング 3日目

…く気がなくなりお手軽滝のみ。 唐谷滝と…。 あかがねとよ滝のみ見て撤退! ダウンとフリースをインナーに雨具をアウターに、鈴蘭スカイライン(岐阜県道441号)を冷たい雨の中、木曽方面へと向かう。 意外にライダーがいるのには驚いた。お互いご苦労なことで(汗) 御嶽山が見えれば、そりゃあ見事なんだろうが、展望場所に寄ったものの、生憎展望の「て」の字も無い。濁河温泉に浸かりにとか材木滝を見に…、などという目論見は推して知るべし。 ということで、伊那インターから高速道路でさっさと帰宅。

西伊豆 再訪

…なものか。 その後、県道59号線を風早峠へと突っ走る。 途中で、目を惹く美しい光景。 ちょとした小滝に日が射して、とても綺麗。 風早峠で小休止。 春特有の霞がかかっており、海も見えない。 桜は楽しめたので、よしとする。 南下する途中で、前回はスルーしてしまった恵の滝なる標識を見つけた。 水量は多くないが、落差は20mほどあり、まぁまぁ。 そして、前回同様、ダート手前までR1でヨチヨチ進み、そこからは歩いて上流へ。 大滝ランドのキャンプ場は盛況だったが、ここはそんな喧噪とは無縁…

栃木・福島ツーリング 〜2日目〜

…いい時間。 最後は、県道56号線をそのまま抜けた先にある、赤滝へ向かう。 途中の県民の森への分岐では、見事な展望。 ここら辺の山は疎いので、さっぱり分からない。 目的の赤滝の入口は分かり難く、最初は通り過ぎてしまった。 林道から階段を下れば、すぐに滝と鳥居があった。 名前の通り、赤いバンドが走っている。 しめの滝も悪くなくて良かった。 奥鬼怒経由で、尾瀬入りしようかと思ったが、林道が通行止だったらと考えると、目も当てられないので、また、日光街道経由で向かった。 昨日のこともあ…

西伊豆

…も。 ゆっくりして、県道側から上の三方滝に行こうとしたが、さっぱり道が分からなかった。 リサーチ不足と言うほかない。 どうやら、そのまま大滝を過ぎて林道を進んで行けばいいらしかった。 その後は、戻って、410号線を西に進む。 こちらは天気がいい。 道路脇に滝が見えたので、寄り道。 夫婦滝というらしい。 写真にある右側しか流れておらず、左は濡れた壁…。 夫婦というには、ちょっと、どうかと思うが。 車横付けというのは、一長一短。 その後、国道に合流し、はかま滝を見に行こうとしたが…

志賀高原・草津ツーリング3日目

…ーズンと連休の軽井沢の混雑をなめていたようだ。 日も傾いてきて、妙義山沿い(196号線)は車も殆どおらず、軽快♪ ここから帰るまで、軽井沢周辺とは比較にならない空き具合。 険しく、岩峰も素敵。 別の機会に登りに来よう。 県道45号線を抜け、志賀坂峠から林道、中津峡、雁坂トンネルと走り、帰還。 天気が良ければ、もう1日、佐久辺りを回りたかったけれど、着替えと靴に耐えられず3日で終了。 それでも、結構密度の濃いツーリングで楽しかった☆ ルートラボは8000点超のため、途中まで…。

志賀高原・草津ツーリング2日目

…常布の滝へ向かう。 県道55号線脇の、芳ヶ平への登山道から歩く。 幅の広い道をしばらく進む。小雨降る中、歩いていくのもたまにはいい。 その後、荒れた林道を少し歩くと、終点に常布の滝の展望台がある。 目を凝らして見るが、霧のせいか、そんなのどこにも見えない。 元より、ここで満足するはずもないので、更に進んだ分岐を滝へと向かう。 入口にはロープが張ってあったが、標識にある『上級者』以外は入るなってことかな。 標識を見て、まだ700mもあるのか…、と少し憂鬱になりつつ、下ってから再…

1日目

…屋三の林道を行く。 県道58号線から林道入り口には、大きな鳥居! 古峯神社がどれだけのものか知らないけれど、さぞや高名なのだろう。 林道脇の、不動滝、鍋ヶ沢滝、三蔵の滝を見る。どれも、さほどの印象はない。 そして、大滝。 林道からは、枝沢を下りていけば楽に見られる。 落差は10m程度だろう。 滝壺に陽が差すと、とても綺麗な色になっていた。 次のスポットは、裏見の滝だったが、何と遊歩道整備のため通行禁止…。 仕方が無いので、次の予定の寂光の滝に。 この滝は、見応えある! これは…

川上村

…おみかの滝、長野県の県道2号線へ。 まずは、川上牧丘林道を進む。 琴川ダムで一休み。 釣している人がいたが、あそこって魚いるんだ…? 乙女高原のツツジも気になるところだが、そのまま通過し、大弛峠へ。 やはり休日ということもあり、車も多い。 長野側はダートで最初は結構ガレていて走りにくい。 しばらく下ると、小川山の岩峰が見える。 ん〜、アルパインは嫌だけれど、フリーだったら行きたいな。 途中の沢は、涼しそう♪ いや、実際涼しい♪ 廻り目平が近くなると、ツツジが群生。 しばし、停…

滝口沢・ボウズクリ沢

…び着替えて、移動。 県道の標識は既にチェックしておいたので、迷うことなく直行。 吊橋を渡り、右折。 キャンプ場内を移動し、堰堤を越えると、そのすぐ上がボウズクリの滝。 新緑がとても綺麗♪ 一応、3段になっている。 右壁を登り、一枚。 そのまま登り、上段滝下に出て、右岸(左壁)へ取り付き滝上へ。 滝壷を見下ろして・・・。 急なものの、割と木はあるし、巻くのは特に難しくない。 上の方には、赤テープや捨て縄もあったし、ロープがあれば、下るのも余裕だろう。 もう少し下調べして、遡行し…

慣らしツーリング

…冬季閉鎖中・・・。 県道だから、大丈夫だと思って、何にも考えていなかった。 北から回って同じ状況だと目も当てられないので、帰ることにした。 吐竜の滝、千ヶ滝、大滝どれを見て帰ろうか・・・。 結局、大滝つながりで、そやつに決定。 滝見観音が、残月を背にいい雰囲気だった。 国道141号線を南下していくと、左手に見えるは・・・。 道の駅で、鯉のぼりがたくさん。吸い寄せられるように。 全体では、かなり多い。 これにて、終了。 あとは、ひたすら耐えて帰宅。青猫の潜在能力は高く、慣らしが…

早川町の不動滝群

…ずは、大金不動滝。 県道沿いにあるので、注意していれば、滝と標識を見つけることができます。 かなりの落差。40mくらい? 次は、大塩不動滝。 県道沿い、鳥居の見えるところから歩いて10分。 豪快な直瀑!!水量も多い!! 不動尊もあり、旗がたくさん立っています。 さて、最後は、もう一つの不動滝。 時雨不動滝。 てっきり、林道歩いて見るのかと思って、崩落した道を突破したものの、祠だけで、滝は殆ど見えず、大幅タイムロス! 沢沿いに踏跡はありましたが、おいそれと入っていける様子ではあ…

芦川支流の滝 〜横沢、濁沢、蛇沢〜

…、蛇沢、千波の滝。 県道から、望遠レンズで。 降雨後なのですが、水量は、やはり少ない。 いつか、アイスで制覇してみたいものです。 80m程あるそうなので、どうなることやら・・・。 移動し、先日見た、県道から見える濁沢の最初の滝。 ヤマブキが綺麗だったので、撮り直しに来ました。 さて、お次は、横沢。 国土地理院での、不動滝は、間違っているらしい。 この滝を見たところで、引き返しました。 落差は、写真下段が5m、上段が3mくらい。 この下にもう一段3mほどの滝もあります。 本当は…

市川三郷 濁沢の滝

…っ飛ばし、濁沢へ。 県道から、前座の3mほどの滝は見えます。 そのため、入り口は分かりやすく、バイク用シューズのまま沢沿いを行きます。 前日までの雨で、水量は多め。 整備されているわけではないので、歩きにくいものの、特に問題なく、目当ての滝に。 こ、これは、見応え十分♪ 30mくらいはあるのではないでしょうか。 大して期待していなかったので、感激☆ ここで、写真を撮り、登山靴に履き替え、上を覗きに行きます。 右側を適当に登って行きますが、岩は濡れているし、土は崩れてくるし、中…

丹波山村の滝

…貌が見えないのが、残念です。 2つ合わせて1つの段瀑と言う方が自然な気がします。 それと、左上にガードレールが見えるのが、ちょっと・・・。 その道路に出て下り、雄滝と雌滝の間にも行ってみました。 雄滝直下は、遊歩道も何もないので、要注意です。 割と普通の直瀑かな。 落差は7mくらい? この後、県道を上野原方面に向かい、白糸の滝・雄滝を見に行こうとしましたが、ダートはやっぱりフェザーでは危険過ぎました・・・。 再び、国道411号線を、軽快に突っ走り、峠の湧水を汲んで帰りました。

県境林道ツーリング

…っていきます。 この県道29号線は通ったことがありますが、大した記憶がない・・・。 今日は、前に見なかった、赤水滝を拝みに。 降雨翌日なので、水量が多いのではないでしょうか! 迫力ありますよ☆ ここは、ツツジや、何かの花が保護されていました。 アジサイも多くあったので、梅雨でも楽しめそうですね。 さて、お次は、安倍の大滝を見てきました。 詳細は、別に。 そして、梅ヶ島温泉郷に来ました。 日帰り入浴できるところを伺い、こちらの温泉をいただきました。 料金500円也。 単純硫黄泉…

山梨百名山 〜釈迦ヶ岳(1641m)〜

…ヶ岳。 ここならば、県道36号を楽しめるフェザーでよかろうて。 もう、フェザーに走る目的だけで乗ることはない気がするな・・・。 さて、到着し、日向坂峠(ドンベイ峠)から、歩き始めることにします。 他にも車が4、5台ありました。 殆ど標高差もないので、気楽なものです。 ちょっと登って、稜線を歩きます。 フデリンドウが足元に。 たまに、マメザクラ(フジザクラ)もまばらに。 この花は、霜対策で下を向いて咲くんですよ。 僅かに芽吹いたカラマツや広葉樹の中の登山道。 すぐに、分岐の標札…

山梨百名山 〜三頭山(1531m)〜

…いうのもあります。 県道上野原丹波山線の途中に、鶴峠というポイントがあり、ここから登ります。 よく見ながら行かないと、素通りしてしまいます。 フェザーはうんざりする重さですし、若干雪も道路脇にあり、登る前から一苦労…。 何台か停められる場所があり、周囲を観察すると、ありました。 法面の上に! 反対側の奈良倉山は、分かりやすいのですけど。 林業用の道を横切り、植林帯を登っていきます。 最近の雪が解けて、上から落ちてきます! 尾根に出ると、傾斜は緩くハイキング気分で歩けます。 雪…

山梨百名山 〜笹山(2733m)〜 白峰南嶺縦走1日目

…走して、繋げます。 県道37号線を走り、新倉で林道を進み、発電所を左手に見送り更に進むと、堰堤工事をしている場所に出ます。 何台か置けるスペースがあり、既に4台の先客が入山しているようです。 ここからは、工事関係車両しか入れず、ゲートになっています。 広い道をしばし歩くと、右手から迂回登山道と標識があり、いよいよ、ここから登山開始です。 山の斜面を巻くようになっていますが、工事中でなければ、そのまま直進し、同じ所に出られるのでは? 沢沿いのルートで、木の桟橋がかかっていますが…

白根三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)縦走 2日目

…のを、ボーっと見て、県道を歩いて、最後の奈良田橋を渡って、ついに、行程終了!! 2000m以上も、今日は下ったんだな・・・。 舗装路歩きが一番辛かったです。 来た時と同じ、丸山林道を抜け、帰路につきました。 今回の行程は、山小屋泊まりならば、余裕でしょうが、幕営装備を背負って、となると、中々堪えます。 大門沢の下りは、結構無茶しました(汗) しかしながら、非常に充実した2日間でした☆ 縦走して移ろいでいく景色を見るのは、やっぱり筆舌に尽くしがたいと思います。 2日目の行程 北…

山梨百名山 〜富士見山(1640m)〜

…見山。 国道52号、県道407号線に入り、五開茂倉林道を走ります。 1年前は、工事でゲートが下りていて通れなかったのですが、いつの間にか舗装化も進み、十谷峠まで全面舗装でした。ちょっと、残念・・・。 登山口となる、十谷峠です。 最初は植林帯が続くのかと思いましたが、そんなこともありません。 踏跡はそこそこ。 特に急でもなく、尾根を登っていきます。 古い木の椅子が右に見えると、すぐ御殿山の山頂でした。 猪供養の碑がありました。 向かいに開けたところがあり、こちらの椅子は新しいで…