遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

国見山

沢上谷のクールダウンとして、国見山へ。

予定では福地山としていたが、ゆっくりしてしまい、時間が足りない。

県道89号線から、473号線は鼠餅古川線へ入って移動。

この473号線は、車のすれ違いはほぼ不可能か非常に困難な狭路。

待避場所も草や灌木で覆われており、路面は落ち葉で余り見えない状態だった。

TTの車幅でも草を擦りながら、短距離であったものの、ダート並みの気の遣いようだった。途中からは非常に良い道に変わったのだが。

さて、奥呂瀬から先・・・。

落ち葉などの回収・除去作業中らしく、簡易的なポールゲートで通行止!

f:id:Argon:20201110231312j:plain

よく確認してみると、どうやら、目的の駒鼻峠から先のようだから、都合よく解釈して、駒鼻峠までならば良いのだと進んでみた。

f:id:Argon:20201110231316j:plain

作業はしておらず、鉢合わせしたら怒られるかなぁと少々ビビっていたので安心した。

f:id:Argon:20201104122737j:plain

登山口と駐車余地は峠を挟んでいる。

笹が被さり、ちょっと見にくいが、しっかり道はある。

f:id:Argon:20201104122803j:plain

稜線に乗っても笹があるが、ずっと歩きやすい。振り返って一枚。

クマでも出てきそうな雰囲気なので、笹をガサガサ、手を叩いて登る。

山頂まで一息で軽快に登り上げた。

f:id:Argon:20201104122750j:plain

山頂標識は立派で、鐘まである。

f:id:Argon:20201104122745j:plain

三角点は傷みが強い。補修されてからも砕けている。

f:id:Argon:20201104122742j:plain

穂高は見えるが、雲に隠れるかギリギリのタイミング。

焼岳まで標高が落ちると、だいぶ雪が少ないようだ。

f:id:Argon:20201104122755j:plain

左は笠ヶ岳みたいだ。紅葉とセットで。

f:id:Argon:20201104122759j:plain

左は双六や黒部五郎なのかなぁ。

もう少し早い時間帯であれば、すっきり見えたかもしれないが、贅沢というものか。

さて、帰路、獣が突然逃げていく気配!!

斜面を降りていく振動が伝わる程。登りで見なかった足跡を見るに、恐らくはクマ。

だいぶ大きな個体に感じる。

もう、今年はクマとの接触は勘弁してもらいたい・・・。

自然がそれだけ濃いということで納得しておいた。

 

  • コースタイム

駒鼻峠(15:20) → 国見山(15:35-40) → 駒鼻峠(15:55)