遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

瑞牆

K氏と2人で瑞牆へボルダリング

まずは、『高野聖』を・・・。

ここ、恐ろしく寒い。風が冷たくて体が冷え切る。

しかも、離陸も大変で初手取りさえ厳しい!!

元初段だから何とかなるかも、という目論見は木っ端みじんに散る。

その後、夜岩を見てぬかるんでおりやる気を無くし、『阿修羅 』へ。

ポケットまでもう少しというところが最高高度で敗退!

最後、5級の課題を登り、『背伸び運動』を・・・。

何回かトライして、左手止めた後、思わず右手を少し手前のホールドを取ってしまう。

結局登れず!!

これ程不甲斐ないクライミングは久しぶりだ・・・。

日蔭山 七覚山 たいら山

ライミングは雨のせいで駄目。とくれば、迷わず登山だ。

しかし、朝まで雨が降るので、小雨になってから出発。

行先は右左口峠の付近。

下芦川からのアプローチ。

f:id:Argon:20191123203012j:plain

車は余地に適当に停めて・・・。

迦葉坂と記載がある道を登る予定。傘を差して歩く。

f:id:Argon:20191123203016j:plain

それらしき道を適当に上がる。落ち葉で良く見えないが、石畳のようになっているようだ。

ちょっと滑る。

f:id:Argon:20191123203023j:plain

この馬頭観音の像はいくつもこの先もあった。

年季が入っている。

野鳥発見!

f:id:Argon:20191123203027j:plain

と思ったら、スズメですか・・・?

つづら折れの道を上がる。整備は良好。

そして、紅葉も中々だ。

f:id:Argon:20191123203031j:plain

f:id:Argon:20191123203035j:plain

9月には白駒池から紅葉を楽しんでおり、今年は満足している。

f:id:Argon:20191123203041j:plain

大杉は切り株が残るのみ。湧水も枯れているが・・・。

この辺で、ほぼ雨は当たらなくなり、傘は必要なくなった。

f:id:Argon:20191123203046j:plain

植林をゆるゆると進んでいくと峠。

左右どちらにも祠が見える。

まずは東から。

f:id:Argon:20191123203052j:plain

明神造りというのですか。

稜線上は倒木が少々煩い。f:id:Argon:20191123203058j:plain

トラバースして適当に回避。

特別問題なく、右左口峠。

f:id:Argon:20191123203133j:plain

振り返って一枚。

ここまで車で来るのももう不可能なのか?

横目には北側ゲート入口は閉まっていた気がする。

さて、向かう先は・・・。

f:id:Argon:20191123203105j:plain

ロープはかなり新しい。少なくとも去年か今年に設置されように感じる。

今日は地面が緩いので、補助にはなる。

f:id:Argon:20191123203110j:plain

ツチグリか。これがキノコの一種だと以前は知らなかった。

道は概ね分かりやすく、適当に踏跡を辿る。外しても支障は無い。

そして、日蔭山。

f:id:Argon:20191123203118j:plain

まぁ、毎度おなじみの景色。樹林で展望なく、地味な頂上。

f:id:Argon:20191123203114j:plain

これまた年季の入った達筆標識。

f:id:Argon:20191123203123j:plain

三角点は三等。少し風が吹いて、紅葉した葉が乗った。

何だか嬉しい。

ここから引き返す。

途中の914mピークには何かあるか見に行った。

すると・・・。

f:id:Argon:20191123203128j:plain

捕獲檻にシカが入っていた。罠ですか・・・?

遠目からでも暴れまくっていて、痛々しい。何もしないからやめてくれと思う。

相当数のシカが跋扈しているので、美味しくいただきたい。

サクッと再び右左口峠を越えて、登り上げた峠へ。

f:id:Argon:20191123203138j:plain

こちらは流造りというそうだ。

稜線は時々倒木があって快適とはいかない。

f:id:Argon:20191123203142j:plain

ぬた場があった。シカには楽園か?

f:id:Argon:20191123203148j:plain

七覚山。こちらも地味。三角点も無し。

f:id:Argon:20191123203152j:plain

お手製の山頂標識はあった。

急角度で曲がって、関原峠へ。

f:id:Argon:20191123203156j:plain

全く場違いなほど立派な標識があった。

後で調べてみると、中央市が市の最高峰として今年7月には整備したそうだ。

遊歩道と謳っているが、一般人にはどうでしょうか。

目印は概ね豊富にあるが、道の状況は登山道クラスか。序盤は特に少し歩きにくい箇所もある。

f:id:Argon:20191123203200j:plain

数年もすれば、この標識の文字も殆ど消えるのだろう。

f:id:Argon:20191123203204j:plain

おそらく新旧複数となった山頂標識。

麓の入浴料割引が写真を持っていけば受けられるようだ。

今までこの『シルクふれんどりぃ』のお湯は温泉ではなく、銭湯だと思っていたが、高アルカリの温泉のようだ。

山の千本桜が咲く時期であれば、利用するかも。

これが、みたまの湯も含めて割引であれば、踏む人も段違いなのではないか。

さて、今回唯一といっていい展望。切り開かれている。

f:id:Argon:20191123203208j:plain

八ヶ岳がきっと見えるはずだが、今一つ。それでも悪くない。

f:id:Argon:20191123203213j:plain

ここには地図にはない三頭三角点がある。点名、クイツトウ。

点名の由来は全く謎だ。

ここで小休止。こんな方まで来てしまって、車の回収は車道歩きで憂鬱だが仕方がない。

地図に三帳、大西と記載がある地点目指して下る。

余り期待していなかったが、予想外に最初が少し分かりにくいのみで歩きやすい。

f:id:Argon:20191123203217j:plain

遠目の山肌もまた一興。殆ど枯れ色に近いか。

f:id:Argon:20191123203221j:plain

悪くない道と景色。目印はかなり多い。

f:id:Argon:20191123203225j:plain

もう少し先も紅葉は楽しめるかも。

f:id:Argon:20191123203230j:plain

川の流れがよく聞こえると、程無くして眼下に芦川が見えてくる。

最後は民家の裏に出る。

f:id:Argon:20191123203008j:plain

何とも分かりにくい所ですね。

と地元の方に会い、『あんた若いのに、こんなところにわざわざ登るのかい』と。

誉め言葉として受け取ることにした。

用の途中という様子で、昔の様子などを聞くのも憚られ、曖昧な応答になってしまった。

深田久弥氏も『百の頂に百の喜びあり』と残している。

色々な山に今後も行けたらと思う。

車道歩きの最中そんなことを考えた。

 

小川山

先週の取りこぼしを回収しに。

『飛沫』!!

先週からのこともあり、3便で回収などと息巻いていたが、どんどん悪い印象に。

日が素晴らしく当たって暑すぎる。Tシャツでも暑い。

弱いのを理由を付けて、誤魔化す始末だ。

『飛沫ダイレクト』はどうかと思って、3回ほどやったら登れてしまう。

その後、忘却岩で事故があり、救急車と警察が出動していたのを見る。

今日は2件か・・・。穏やかじゃない。

戻って再度『飛沫』をやる。

ムーブが最後まで迷って、結局ヒールをスタートに上げることに落ち着く。

指皮や体幹をだいぶ消費したが、何とかねじ伏せることに成功。

動画も撮ってもらい、嬉しかった。

Kさんは、『忘却の果て』を無事に完登!実に美しい登りだった。

その後、ファイナルファンタジー岩へ移動。

幾つかは美味しくいただく。

が、トラバース課題は地面が低いのでよれる。

『モルボル』は、マントルで指皮が無いのに突っ込んでいいものか迷い、怖かった・・・。

これで、指皮は完全に終わった。

ほぼ暗くなって、Kさんが『ゴブリン』をやっつけたので撤収。

疲れた。

  • 飛沫(二段)
  • 飛沫ダイレクト(二段)
  • ゴブリン(3級)
  • ベヒーモス(1級) 二撃
  • モルボル(初段) 二撃

以上完登。ファイナルファンタジー岩は、グレード1つは緩めに感じる。

でも、下地も良いし、いい課題だったなぁ。

小川山

先週お触りした課題を回収。

『忘却の果てSD』(二段)を・・・・・。

マントルでまさかの敗退を喫してから、休んでまぁ何とか。

その後、クライミング仲間とあちこちつまみ食い。

幻の光』とか・・・。全然惹かれない課題だ・・・。

最後、『飛沫』を回収しに行ったが、惜しいところで敗退!

冷静にいけば、次回必ず登れる!・・・と思う。

石保戸山 ヤブ沢の頭

前回に続き、甲州市を攻略。

もう何年も前から、柳沢峠~笠取小屋間が進んでいない。

起床すると喉が非常に痛く、唾液嚥下でさえもかなりの痛み。

お馴染みの遅い出発。高橋地区へ。

f:id:Argon:20191109224023j:plain

古刹というより唯の古寺付近まで車で乗り上げる。

TTではこの辺から大人しく歩いたほうがよさそうだった。

ちゃんと電気が来ているのか。

f:id:Argon:20191109224029j:plain

火の見櫓と公共らしき建物。最早、廃屋。

林業盛んな頃は、ここも栄えていたのでしょうか。

f:id:Argon:20191109224034j:plain

紅葉を時折見られ、気分は良い。路面からすると、山道を歩いているような感覚で、余り苦にならない。

別荘地のような少し新しい建物もあったが、それ以外は現役ではないだろう。

途中で、重機で作業している場所に出くわしたが、ちょうど休憩となり、通していただいた。

f:id:Argon:20191109224039j:plain

ゲートが現れる。横から乗越て先へ。

すぐ先の稜線から回り込むように取り付いた。

f:id:Argon:20191109224045j:plain

f:id:Argon:20191109224049j:plain

鮮やかな・・・。魅入ってしまう。

f:id:Argon:20191109224053j:plain

稜線上には踏跡、明瞭。

f:id:Argon:20191109224057j:plain

大ダル林道のようだ。ハイカーが犬を連れて歩いていた。

法面を登れなくもないが、見たところ、沢型を登って稜線に上がるのがいいだろうと判断。

f:id:Argon:20191109224101j:plain

今日は青空と紅葉の組み合わせは最高。

f:id:Argon:20191109224105j:plain

林道からの取り付き。鋭角にて道が続いていた。

f:id:Argon:20191109224110j:plain

カラマツの植林と笹。

刈払いは十分で、とても歩きやすい。

石保戸山へは途中で逸れる。それでも踏跡あり。

f:id:Argon:20191109224115j:plain

1カ所、展望があった。

ここは堰堤があって、そのため木が無いせいだった。

f:id:Argon:20191109224120j:plain

のっぺりしているが、どこでも歩いて行ける。

枯れた笹が多少あるので、適当に適切に・・・。

f:id:Argon:20191109224124j:plain

手製の山頂標識が落ちていたので、拾い上げて掛ける。

そこそこの広さはあるが、展望は無い。

稜線をそのまま進んで山道に合流することにした。

f:id:Argon:20191109224129j:plain

こんな様子。枯れた笹藪を踏み倒しつつ、避けつつ。

山道というより林道に出た。間も無くすぐ先で完全に林道の様相。

f:id:Argon:20191109224134j:plain

鳥小屋分岐というらしい。鳥小屋は1760mピークらしいから、そこも踏んでみよう。

この道は斉木林道ですね。車も笠取小屋まで通るので、整備は十分のようだ。

f:id:Argon:20191109224139j:plain

植林カラマツだが、悪くない。

左を気にしながら、適当な沢型から取り付き、1760mの鳥小屋へ登る。

f:id:Argon:20191109224142j:plain

御料局三角点があった。展望は期待していないし、実際ないが、これでちょっと嬉しい。

東京水道局の標識が刺さっているのを所々見て、その踏跡・道を行く。

f:id:Argon:20191109224147j:plain

適当に歩いていたら、斉木林道に出てしまった。

f:id:Argon:20191109224151j:plain

ヤブ沢峠。ベンチがあるので、帰りに休憩しよう。

左の植生や様子を観察していると、ここならばという箇所がおあつらえ向きにある。

f:id:Argon:20191109224156j:plain

これを登って、ヤブ沢の頭すぐ手前に出る。

そこから僅かでヤブ沢の頭だった。

f:id:Argon:20191109224200j:plain

三等三角点。点名、『高橋』。

笹が枯れているので、藪っぽさは無い。それに踏跡は明瞭だ。

踏跡をそのまま北に進むと、笠取小屋が見えてくる。

しっかり営業していて、テントを張るところの撮影グループ?もいた。

f:id:Argon:20191109224205j:plain

私は居心地が悪いので、さっさと斉木林道を戻る。

整備状況は非常に良好に感じた。

ヤブ沢峠で小休止して、鳥小屋分岐へ。

f:id:Argon:20191109224209j:plain

こちらは車が通った様子はなく質は落ちるが、歩きやすさは変わらず良好。

f:id:Argon:20191109224214j:plain

午後になって日差しも変わり、紅葉狩りには良い時間帯だ。

f:id:Argon:20191109224219j:plain

廃トラック。素敵。

1592mピークには三角点があるようなので行ってみる。

f:id:Argon:20191109224223j:plain

四等三角点。点名、『鳥小屋』。

少し先の、1513mピークにも三角点があるので踏む。

f:id:Argon:20191109224227j:plain

四等三角点。点名、『白沢峠』。

先ほどと同じ様子の景色だ。

道から少し離れるだけなので、どちらも楽々だ。

f:id:Argon:20191109224233j:plain

そろそろ斜陽で紅葉を存分に楽しむ。

静かに紅葉を見るのが私には合っている。

さて、僅かで白沢峠。

f:id:Argon:20191109224238j:plain

賑やかだが、地面に落ちておりどうしたことか。

戻る高橋への道は記載がないが、道形らしきものはあるのを確認。

その前に、廃トラックを鑑賞。

f:id:Argon:20191109224243j:plain

味わい深い。2台のトラックも見られて満足。

ここから、下山。落ち葉で少し分かりにくい。

f:id:Argon:20191109224249j:plain

こんな様子で落ち葉が堆積している。

f:id:Argon:20191109224254j:plain

沢沿いを下っていく。

f:id:Argon:20191109224258j:plain

支流が集まってくる。振り返って一枚。

f:id:Argon:20191109224303j:plain

目を惹く巨木。

f:id:Argon:20191109224308j:plain

危険個所無く、林道へ合流する。

5分も下れば、大ダル林道に出る。

f:id:Argon:20191109224019j:plain

この延長上に往路通った箇所があるのか。

バイクで通れたらいいが、ダメですね。

その後は真っすぐ直進して、通ってきた道に出て駐車地点へ。

紅葉狩りにはまずまずのハイキングだった。

体調は悪かったが、とても心は癒された。

 

  • コースタイム

古寺(11:05) → ゲート(11:30) → 大ダル林道(11:40) → 石保戸山(12:20) → 鳥小屋分岐(12:45) → 鳥小屋1760m(12:55) → ヤブ沢峠(13:20) → ヤブ沢の頭(13:30) → 笠取小屋(13:35) → ヤブ沢峠(13:50) → 廃トラック(14:30) → 四等三角点、鳥小屋(14:50) → 四等三角点、白沢峠(15:10) → 白沢峠(15:30) → 林道(16:00) → 大ダル林道(16:05) → 古寺(16:35)

小川山

前日の疲れも少し感じるが、今日の岩はコンディションは最高なはず。

遅い出発であり、駐車場は廻り目平は満車標識。

下の駐車場にいつも通りに停めて、石楠花エリアへ。

宿題になっている課題を打つ。

  • 忘却の河(二段) RP
  • 忘却の果て(初段)RP
  • 忘却の果てSD(二段) 敗退

満足な結果。

『忘却の河』は、5日目か?

びしょ濡れの頃しか触っていなかったので、本当にコンディションは重要だと思った。

それもだが、もうあの疲れる課題を登ったので、一安心だ。

『忘却の果て』は、リップにあった窪みが予想以上に良く、2回目で完全に捉えてそのまま完登。

2日目ということもあり、余り難しく感じなかった。

『忘却の果てSD』は、ムーブ解析は済んだが、いかんせん、右手の指皮が無く、初手が保持しきれない。

猫パンチして小指を負傷したところで止めた。

これは次回何とかなるのでは?という印象だ。

まだ登れていない宿題が沢山あるので、確実に押し切らないと今年中に片付かない。

『縦ダイク(初段か1級)』、『朱雀門(二段)』、『一筆(初段)』、『飛沫(二段)』と、触ったことがあるこの辺が目標。

さて、どこまで能力を高められるやら・・・。