遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

峰ノ山 浜立山 滝子山 コンドウ丸 オッ立 大鹿山 東峰 棚洞山 入道山

小金沢連嶺南部、大谷丸から南部の山を掃討する。今回もR君と共に。

R君には、おまけが多数で申し訳ないが、もうこの界隈には来ないでも済むよう、片っ端からマイナーピークを踏む。

岡松ノ峰は、またの機会にて、小沢ドウミとホリヌキドウミを交えてやっつけるとして…。

稲村神社の先、桜森林公園のすぐ先、大鹿川を渡る所に駐車して出発。

f:id:Argon:20190210172850j:plain

車道をそのまま少し上がると、右に林道っぽい道、そして消えかけた標識がある。

f:id:Argon:20190210172851j:plain

寂ショウ尾根っぽい内容が書いてあるのかな。

そのまま数分進むと廃屋。

f:id:Argon:20190210172852j:plain

普通の民家っぽいのが左にある。

数年放置されている感じ。

f:id:Argon:20190210172853j:plain

右の建物には、寂廠苑って書いてある。山小屋みたい。

調べてみると、どうやら個人所有の別荘らしい。

直進していくと、送電線が現れる。

f:id:Argon:20190210172854j:plain

東を見ると、最初の獲物、峰ノ山。

少し登ってトラバースする薄い踏跡があったので、それを辿り鞍部へ出る。

f:id:Argon:20190210172855j:plain

太陽が眩しい。そして綺麗だ。

f:id:Argon:20190210172856j:plain

再度、送電線の下を行く。

間も無く、峰ノ山へ。

f:id:Argon:20190210172858j:plain

展望はないが、お手製の山頂標識があった。

f:id:Argon:20190210172857j:plain

三角点も発見。四等でした。

すぐに戻る。

f:id:Argon:20190210172859j:plain

下山は、お坊山・東峰から派生しているあちらの尾根だが、だいぶ遠いようだ。

f:id:Argon:20190210172900j:plain

林道に降り立つ。正規の取り付きはもう少し先だが、ここが尾根末端に見え、ここから取り付いた。

f:id:Argon:20190210172901j:plain

まさかの先行者がいた。つかず離れずを保つ。

尾根はとても歩きやすく、気持ちがいい。

雪はあるが、全く大したことはない。

f:id:Argon:20190210172902j:plain

上部になると岩が出てくる。

一ヶ所鎖があったが、危険な感じはない。

f:id:Argon:20190210172904j:plain

結構上がってきたことを実感する景色だ。

f:id:Argon:20190210172903j:plain

この標識の先の露岩が特に展望が良い。

f:id:Argon:20190210172905j:plain

立山の分岐へ出る。

少し下から観察していたが、やはり尾根伝いに行くようだ。

f:id:Argon:20190210172906j:plain

雪はあるが、くるぶし程度。

傾斜も大したことがなく、歩きやすい。

f:id:Argon:20190210172908j:plain

山頂にはお手製の標識。

f:id:Argon:20190210172907j:plain

山頂は展望無し!

ここで地図を眺めると、滝子山を先に踏んでここから北に下った方が良かった?などと考えてしまう。

しかし、コンドウ丸を踏んでいないので、滝子山経由でもさして変わらないだろう。

寂ショウ尾根基部まで戻って、滝子山へ向かう。

途中の岩場で、振り返れば、南アルプスが遠望できる。

f:id:Argon:20190210172910j:plain

そして、浜立山も俯瞰。

f:id:Argon:20190210172909j:plain

登ってきた寂ショウ尾根が感慨深い。

鶴ヶ鳥屋山から三ツ峠の辺りのピークは全部踏んだか。

そして、滝子山の頂上へ。

f:id:Argon:20190210172911j:plain

北部の主稜線。

最も高く見える中央のピークが黒岳、右が雁ヶ腹摺山か。

 まだ幾つか取りこぼしがあるなぁ・・・。

さて、南面は・・・。

f:id:Argon:20190210172912j:plain

そこまで変わらない景色ですよね。

3度目の登頂になった。

行動食を手早く摂って、北へ進む。

f:id:Argon:20190210172913j:plain

鎮西ヶ池。すっかり雪で覆われているが、池は健在。

若干雪は深めだが、アイゼンも必要ではないし、概ね歩行に支障はない。

f:id:Argon:20190210172914j:plain

防火帯ですかね。右のが大谷丸?

スノーハイクが楽しい。

f:id:Argon:20190210172915j:plain

すみ沢に降り立つ。水の流れは癒される。今年も沢へ行きたいなぁ。

過去に通った時にはまだ自立していた作業小屋は潰れていた。

途中、コンドウ丸へ向かうべく、R君と離れ、右の尾根を適当に登っていく。

傾斜は緩く、植生も倒木もなく歩きやすい。標高にしても100m登るだけ。

f:id:Argon:20190210172916j:plain

さぁ来た。まぁ、普通の通過点のピークですよね。

歩かれている登山道を辿って、曲り沢峠へ。

f:id:Argon:20190210172917j:plain

ここでR君と合流。お湯を沸かしてもらっており、ラーメンをさほど待たずに食べられた。

少し風があって寒かった。ここが本行程中、一番寒かった。

腹も満たされ、更に西へ。

本来巻いてしまうはずの、オッ立には踏跡がしっかりある。逆に巻き道には無い。

f:id:Argon:20190210172918j:plain

ここにも立派な山頂標識がある。大月市やりますね。

まだまだ東峰まで高度を上げるのが見える。

はい、次。

f:id:Argon:20190210172919j:plain

大鹿山。ここは二度目か。

送電線をくぐる。

f:id:Argon:20190210172920j:plain

振り返って一枚。

雪の下は乾燥しているので、とても歩きにくい。

f:id:Argon:20190210172921j:plain

お坊山へは行かず、トラバースして東峰へと向かう。

ここが一番雪が深かった。

f:id:Argon:20190210172922j:plain

お坊山の東峰っていう位置付けの山なんでしょうか。

さて、ここからは下るのみ!

ガンガン下る。

f:id:Argon:20190210172923j:plain

棚洞山。展望はないが、中々良い尾根。

f:id:Argon:20190210172924j:plain

 

f:id:Argon:20190210172925j:plain

振り返ると結構高度を下げている。

f:id:Argon:20190210172926j:plain

どんどん下って入道山。

f:id:Argon:20190210172927j:plain

尾根は気持ちいいが、多少急な場所がある。
f:id:Argon:20190210172928j:plain

下部にはこんな標識が。お坊山って、そんなにメジャー!?

道らしきものは西寄りに行くが、駐車地点を意識して、強引に急な斜面や尾根を下った。

f:id:Argon:20190210172929j:plain

ドンピシャに近い場所に降りてきた。

靴やパンツの裾がドロドロだったので、洗い流す。

最後に、近くにあった滝を撮影する。

f:id:Argon:20190210172930j:plain

f:id:Argon:20190210172849j:plain

人口臭は強いが、最近滝見をしていないので新鮮に感じた。

その後は、桃の里温泉で長湯。そこまで緩くもなく楽しめた。

 

白州ボルダー

同級生と2人で白州へボルダリング

今まで何度も竹宇駒ヶ岳神社には来たことがあるのだが、ボルダリングは初めて。

駐車場で1人500円を払い、いざ!

 

以下、登れた課題。

  • ホワイトシャイア(1級)
  • 剣先岩のランジ(2/3級)
  • 剣の道(3級) 一撃!
  • 玉手箱岩の無名課題(10級)
  • 玉手箱岩の無名課題(5級)
  • リュウグウノツカイ(4級) 一撃!

 

以下、触ったが敗退した課題。

  • 白州マングース(初段)
  • 刃(初段)
  • 玉手箱岩のSDスタート課題(3級)

 

登山後に昨日はジムにも行ったせいもあって、最初に触ったホワイトシャイアで既にヨレヨレ。でも、ムーブが楽しかった課題。

白州マングースも刃もムーブは大体分かったが、取りこぼし。

また次回だねー。

よれがなければ、まぁ、何とかなるのでは?という手応え。

しかし、玉手箱岩のSDスタート課題、さっぱりムーブが分からない・・・。3級なのに、これは登れる気がせぬ。

年末からいい流れでクライミングにも行くようにしている。

今年は楽しみつつ、成果も挙げる!!

西岳 編笠山

R君と、南八ヶ岳を攻略。

私はまだ未踏の西岳がメインだ。折角なので、編笠山と絡めて周回。

前日の雨・雪が心配であったが、道路状況は影響がなかった。

富士見高原スキー場の上から出発。駐車も問題なし。

f:id:Argon:20190115223201j:plain

ゲートにはしっかり鍵が掛かっている。

f:id:Argon:20190115223159j:plain

すぐに登山口っぽい場所へ。
林道を歩いたり、突っ切ったり。

f:id:Argon:20190115223200j:plain

水も完全凍結せずに流れていた。休憩には良い開けた場所。

f:id:Argon:20190115223202j:plain

カラマツの植林がメインの植生。日が登ると温か味を感じる。太陽は偉大だ。

f:id:Argon:20190115223203j:plain

古い標識はあるが、いまいち惹かれるものが少ない。これは文字の判別不能

f:id:Argon:20190115223204j:plain

2000mを超えた付近から、黒木に変わっていく。これは素敵。

しかし、ここまで雪が少ないとは・・・。

そして、展望が現れる。

f:id:Argon:20190115223206j:plain

編笠山へはトラバースですね。

f:id:Argon:20190115223205j:plain

南アルプスは良い感じだ。今日は風も弱いので、快適だろうか。

f:id:Argon:20190115223207j:plain

富士見パノラマスキー場が気になる。中央アルプス御嶽山も良く見えた。

僅かに登るだけで、景色が変わる楽しさ。

展望地から僅かの樹林をこなすと、西岳。f:id:Argon:20190115223209j:plain

展望はそれなりに良いが、これだけ登るだけであれば、味気ないことだろう。

軽食を取りながら景色を楽しむ。

f:id:Argon:20190115223208j:plain

もっと阿弥陀岳などは展望が素晴らしいと思ったが、期待は外れた。

権権岳はも思ったほどは見えない。

f:id:Argon:20190115223210j:plain

樹林帯トラバースとなると、雪の量が増える。トレースもあり、歩行に全く支障なし。

アイゼンも着ける必要性は感じない。

ベースレイヤー2枚で歩いていたため、ここはとても寒かった。軽快に歩く。

意外に人に会う。人気あるのでしょうか。

f:id:Argon:20190115223211j:plain

水場手前はやや荒れていたが、特別支障無し。水場は完全氷結して流れていなかった。

間もなく、青年小屋に出る。営業はしていないようだ。

いつかゆっくりと泊まりで飲みに行きたいものだ。

f:id:Argon:20190115223212j:plain

南に回って一枚。

ここでも人が何人もいた。これだけ穏やかで雪も無ければ楽々楽しめる。

ここから、岩が大きくて、雪も噛んでおり、とても歩きにくい。

f:id:Argon:20190115223213j:plain

去年12月に歩いた稜線を見ると感慨深い。

歩いたら気持ち良さそうなのが、ここからでもよく分かる。

どうも、ここからだと、ギボシが盟主で権現岳の存在が薄い。

南からだとあんなに尖っており格好良いのに・・・。

f:id:Argon:20190115223214j:plain

そして、編笠山に到着。

展望も素晴らしい。風を避けて、食事をゆっくり取る。

f:id:Argon:20190115223215j:plain

さっきまでいた西岳。遠くには北アルプス

冬の状況をまた体験したいものだ。

車山などは雪が無くて、スキー場はかわいそう。

f:id:Argon:20190115223216j:plain

南アルプスは早川尾根の影が、野焼きの煙でしょうか?影響して神々しさが漂う。

f:id:Argon:20190115223217j:plain

霞がかかっているが、悪くない。

f:id:Argon:20190115223218j:plain

金峰山も今日はそこまで雲はかかっていないか。

十分に景色を堪能して下山へ。

しばらくは、先ほどのように岩が多くて歩きにくい。

f:id:Argon:20190115223219j:plain

樹林帯に入ると歩きやすさが格段に違う。

黒木の自然林はやっぱり素敵だ。木の世代交代を見る。

凍結もはさむ。アイゼンをつけないで下るので若干滑りながら注意して・・・。

f:id:Argon:20190115223220j:plain

植生が変わる。そろそろ植林に変わってしまうか。

明るく木漏れ日が春の陽気だ。暖かい。

途中、シカがだいぶ近づいても逃げない。子供のシカは興味津々のようだった。

f:id:Argon:20190115223221j:plain

ここの岩屋は、大きくて中々楽しそうなボルダリングが出来そう。

ホールドも良さそうで傾斜もあり、私向きだなと思う。

f:id:Argon:20190115223222j:plain

『盃流し』なる場所がどれか分からなかったが、どうやら、この手前のガレ沢の滑がそうだったようだ。全くもって、名前負けでしょうよ。わざわざ見直すほどでもない。

f:id:Argon:20190115223223j:plain

林道に出て、編笠山を遠望。意外と近かった。

f:id:Argon:20190115223158j:plain

帰りは迂回路を経由して、無事に下山。

今回はだいぶ余裕があって、楽勝ムードだった。

コースタイムはそこそこで休憩も含めると8時間かかるかも、と見ていたが、雪も少なく、登山道の状態が良かったせいだろう。

次の山行は少し調子に乗るか!?

 

  • コースタイム

ゲート(7:35) → 不動清水(8:05) → 西岳(10:00) → 青年小屋(10:55) → 編笠山(11:35-12:30) → 岩屋(14:00) → ゲート(14:55)

笠置山ボルダー

3人で、笠置山ボルダリング

道路の凍結に少しヒヤッとしたが、無事に岩へ取り付く。

『ゴールデンルーフ/初段』を神奈川からの方と一緒にトライ。

結構余裕そうに感じたのだが、何便も出してしまい、よれつつも完登!!

ルーフを抜けてから、手がかじかんで、緊張した。

すぐ近くの2級のスラブで楽しむ。これも2つラインがあるか?

ゴールデンルーフの裏側に回った、初/二段の課題とトラバース2級の課題も触る。

2級のトラバースは上部が雪でトップアウトが困難。これはまぁ登ったも同然の場所までいっているので由とする。

初/二段の方は、ムーブは色々試して繋がったものの、よれて敗退!!

でも次はきっと登れる!はず・・・。という手ごたえ。

遠いけれど、また色々触りに行きたいな。

正月休みも、登山とクライミングで気合入れた。

外岩は今年は特に力を入れようと思う。

甲斐駒ヶ岳 黒戸山

甲斐駒様へ新年のご挨拶。

2時半頃に出発し、日帰り。

黒戸山もしっかり踏んでおく。

黒戸尾根経由では、これまで竹宇駒ヶ岳神社からしか登っていなかったため、今回は横手駒ヶ岳神社からとした。

神社付近の駐車場には、登山者らしき車は見られない。

車道を僅かに登り、登山口が左にある。

ヘッドライトを点けて登っていく。

整備具合はまずまず。と思いきや、倒木が途中にあって何とも。

トラバースをこなし、沢をまたいでしばし登れば竹宇駒ヶ岳神社からの道と合流。

f:id:Argon:20190101174648j:plain

途中で夜景が一望できる場所があった。

さて、ご来光は拝めるだろうか。

ここまで寒さは感じず、足の調子も悪くない。

f:id:Argon:20190101174649j:plain

五合目を過ぎた辺りで、空がいよいよという様子。

五合目にはテントが3張。雪も少なそうだし、黄連谷や坊主沢も快適そう?

小屋手前でアイゼンを履いて、ハードシェルやバラクラバで装備を整えた。

七合目小屋手前でついに日が出る。樹林の間からで写真がいまいちだ…。

f:id:Argon:20190101174650j:plain

積雪期に登った中では一番雪が少ないようだ。

既に人気は殆ど無い。皆、もう山頂へ向かっているのだろう。

f:id:Argon:20190101174651j:plain

テント場辺りまで来ると、だいぶ日が上がった。

本当は御来迎場で初日の出を、と思っていたのだが、力不足であった。

f:id:Argon:20190101174652j:plain

風は穏やかであり、この時期としては無いに等しい感じ。

しかも雪も少ないので楽勝。写真を何枚も撮りながら登っていく。

f:id:Argon:20190101174654j:plain

赤石沢奥壁やサデの大岩など、今はどんな状況なのでしょうか。

この北岳とのセットも好きな場所だ。

f:id:Argon:20190101174653j:plain

鎖がこんなに出ている。ストックからピッケルに持ち替える必要も感じない。

f:id:Argon:20190101174655j:plain

順調そのもので、色々観察する。

と、この辺で携帯が低温でバッテリーが使い物にならなくなる。

カメラは生きているから全然気にならない。

f:id:Argon:20190101174656j:plain

ここは特に私には特別な場所。

来て良かったと実感が湧いてくる。

f:id:Argon:20190101174657j:plain

社にもご挨拶。

そして、山頂へ。

f:id:Argon:20190101174703j:plain

去年に続いて、参りました。

ザックを下ろして、景色を楽しむ。

f:id:Argon:20190101174659j:plain

千丈ヶ岳。小千丈沢や馬ノ背なども行きたい。

f:id:Argon:20190101174658j:plain

年末の予定が押さなければ、北岳を狙っていたのだが…。今後また何度か踏むことになりそうだ。

f:id:Argon:20190101174700j:plain

中央アルプスは、まだ先かな。

f:id:Argon:20190101174701j:plain

すっきりしており、遠くまで見渡せる。

ご機嫌で写真を撮っていたが、ここでカメラのバッテリーも低温で使えなくなった。

慌てて体温で温めると、復活してくれて一安心。

f:id:Argon:20190101174702j:plain

下山も長いので、名残惜しいが下っていく。

全く危険を感じない。ストックをしたままでも問題なし。

七合目から、だいぶゆっくりだったので、体力にも余裕があるので、黒戸山も踏みに行く。

登山道は巻いてしまうので、途中から山頂少し南のコルに乗り上げてみた。

f:id:Argon:20190101174704j:plain

樹林密度はまばらで歩行にストレスが少ない。

f:id:Argon:20190101174705j:plain

三角点は雪の中かと思ったが、頭が出ていた。

この付近には目印がいくつかあった。

展望は僅かに駒が樹林の切れ目から見えた。

少し東の岩が日当たり良さそうであり、小休止をしに行ったところ、中々の展望。

f:id:Argon:20190101174706j:plain

f:id:Argon:20190101174707j:plain

早川尾根の先には北岳も見えていた。

これには、嬉しさと驚き。

山頂から適当に北へ尾根を下って、登山道復帰も楽々。

どんどん下って、刀利天狗手前でアイゼンを外す。

f:id:Argon:20190101174708j:plain

刃渡りから金峰山。雪少ないなぁ。

滑り転ぶようなこともなく、竹宇・横手の分岐へ。

f:id:Argon:20190101174709j:plain

少し下ったところから一枚。笹が結構好きな所。

登りでは暗くて景色が見えなかったので、じっくり下る。

f:id:Argon:20190101174710j:plain

標識は結構年季が入っているようだ。そして、植林のカラマツですね…。

f:id:Argon:20190101174711j:plain

蝉の抜け殻と標識。何気ない光景に癒される。

沢で水を汲んで小休止。その辺が少し分かりにくいか。

f:id:Argon:20190101174712j:plain

沢から登りのトラバースが何とも風化した花崗岩の砂で歩きにくい。

行きでは感じなかったのだが。

崩壊して、少しルートが変わったようだ。

f:id:Argon:20190101174713j:plain

何のことでしょう?入口?

f:id:Argon:20190101174714j:plain

これもすぐ近くにあった。一合目ってどういうこと?

謎ですねー。

f:id:Argon:20190101174716j:plain

地蔵様の前が展望がひらけている場所があり、中山を前衛として、奥秩父の主稜線が見事。

その先にも展望地がある。

f:id:Argon:20190101174715j:plain

こちらは八ヶ岳が特に良い。

後は落ち葉の堆積する登山道を蹴散らしながら下山。

f:id:Argon:20190101174647j:plain

登山口へ到着。

そして、神社でも参拝。

初詣は、山頂で済んだことになっているのか、やや疑問もあったが。

さて、ロングコースだったが、大きな問題無し。

体力低下とはうまく付き合っていくしかないことは分かった。

今年一年、また精進致します。

 

コースタイム

横手駒ヶ岳神社(2:30発) → 横手・竹宇分岐(4:00) → 七丈小屋(7:05) → 甲斐駒ヶ岳(9:05~9:25) → 五合目(10:50) → 黒戸山(11:20) → 横手・竹宇分岐(12:55) → 横手駒ヶ岳神社(14:35着)

権現岳 三ツ頭 前三ツ頭

黄蓮谷でモチベーションをすっかり下げてしまった、R君を誘って、八ヶ岳権現岳へ。

ライミングのモチベーションも上がり、岩やアイスにも行きたいところだが、10月からまともな山へは行っておらず、リハビリ登山だ。

女山の上までの道は冬季封鎖のようだ。信号手前に4台程駐車できた。

f:id:Argon:20181221215001j:plain

ゲートの100mほど先が登り口になっていた。

f:id:Argon:20181221215002j:plain

遊歩道らしく歩きやすい。

f:id:Argon:20181221215003j:plain

ガスの中に入りそうだが、ここは曇天。日陰には僅かに雪がある。

大きなこの石碑と三角点が、天女山にはある。

他にも立派な東屋、ベンチも。

駐車場へと向かう先にはトイレもあった。

f:id:Argon:20181221215004j:plain

一体、どれだけ需要があるのか疑問な立派な駐車場を通過して登っていく。

傾斜が緩くて歩きやすい。どんどん進む。

f:id:Argon:20181221215005j:plain

天の河原とな。今日は展望はいまひとつなので、名前負けですね・・・。

f:id:Argon:20181221215006j:plain

カラマツと笹が下部は占めている。

f:id:Argon:20181221215007j:plain

こんなのも見つける。この下の標識も2000mと記載があるが、GPSからはこちらが近い様子。

ガスの中に入っていたが、青空が少しずつ見られて、いよいよ出た。

f:id:Argon:20181221215008j:plain

中々の景色だ。雲海、南アルプス、富士山と。

今日は残念な結果になるかと思ったが、これだけ見られれば満足できる。

前三ツ頭まではやや傾斜があるが、問題なく登りあげる。

f:id:Argon:20181221215009j:plain

稜線手前で風が吹きさらしているのが聞こえて、少し身構える。

f:id:Argon:20181221215010j:plain

まずは三角点。三等。

f:id:Argon:20181221215011j:plain

f:id:Argon:20181221215012j:plain

写真を撮って、行動食をとる。ハードシェルを着ないと寒い!

前三ツ頭から三ツ頭までの最初は結構寒いが、それを越えると風が弱くなり、寒くなくなった。

f:id:Argon:20181221215013j:plain

編笠山が。その奥にも中央アルプス北アルプス乗鞍岳が見えた。

f:id:Argon:20181221215015j:plain

そして、今回の主目的、三ツ頭。

f:id:Argon:20181221215014j:plain

ここからの展望は素晴らしい!!

それにしても権現岳は鋭峰で素敵。右の赤岳は盟主らしい存在感だ。

f:id:Argon:20181221215016j:plain

エビの尻尾も発達中。振り返って1枚。

雪は増えているが、歩行にさしたる支障がないので、つぼ足で進む。

f:id:Argon:20181221215017j:plain

2箇所ばかり手を使ったが、危険な感じは全くしない。

f:id:Argon:20181221215019j:plain

編笠山ギボシ。あちらは西岳がまだ残っているので、いずれ行かないと。

f:id:Argon:20181221215018j:plain

頂上直下には山梨百名山の標柱があった。

無雪期に1度だけであり、余り当時の強い印象はなかった。

標柱から強引に登り上げて、山頂の岩へ。

f:id:Argon:20181221215020j:plain

いやぁ、寒い。顔がこわばって話がしにくい。

早々に戻る。

f:id:Argon:20181221215021j:plain

あやつに乗り上げた。振り返って1枚。

展望が良さそうなので、稜線伝いに進んで写真を撮る。

f:id:Argon:20181221215022j:plain

三ツ頭を眼下に富士山を遠くに。気持ちい稜線だ。

f:id:Argon:20181221215023j:plain

この時期の綺麗な雪は特に好きだなぁ。

下りは滑り降りるのも交えて軽快で楽しい。

あっという間に三ツ頭。ここで昼食。

ちゃんぽんにフレッシュ野菜やチキンなども持参したので、とても幸せな気分。

要らないけれど、アイゼンを装着して下っていく。

今回、新しい靴にちゃんとセミワンタッチ・アイゼンが付くかというのも兼ねているから。

f:id:Argon:20181221215024j:plain

石碑がいい雰囲気だし、権現岳と良く映える。

f:id:Argon:20181221215025j:plain

格好いい!!

名残惜しいけど、見られて本当に満足♪

あとはサクサク戻る。あれだけあったガスがどこへやら。

再度沸いたりしながら、下る。

f:id:Argon:20181221215026j:plain

この辺でアイゼンを外して・・・。

いやぁ、金峰山は今日はだいぶやられちゃっているね、という雲の厚さ。

f:id:Argon:20181221215000j:plain

ベンチで小休止を入れて、全く問題なく下りきる。

この程度であれば、楽に?感じられる。

R君も余裕がだいぶあり、リハビリ登山としては適切であったか。

その後は、たかねの湯に入り、きっちん成田で久しぶりのとんかつ!!

満足な1日でした。

 

 

-コースタイム

ゲート(7:55発) → 天女山(8:20) → 前三ツ頭(10:30~10:50) → 三ツ頭(11:25) → 権現岳(12:10~12:20) → 三ツ頭(13:00~13:30) → 前三ツ頭(13:55) 天女山(15:25) → ゲート(15:45着)