遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

松ネッコ 小川山

午前中のボルダリングで少々よれているが、半日程度のルートならば、そんなに支障はないだろう。

ということで、今年何度か瑞牆山、県境付近を歩いているが、やっと山梨県境北部で残っていた、松ネッコ~小川山区間に行くことにした。

林道支線は今回もゲートが閉まっている。2台車があった。

まだ、ここは雨ではないが、林道が冠水していることから、上部は既に雨の可能性が高いか。

15時くらいから、しっかり雨予報が出ていることもあり、沢靴で歩き通すことにする。

f:id:Argon:20210909114917j:plain

カサメリ沢は、何度かリードでも行ったので、途中まで様子は分かっている。

f:id:Argon:20210909114921j:plain

丸太橋は滑って怖い。ロープのテンションはしっかりあるので、有難い。

f:id:Argon:20210909114925j:plain

姐御岩。『金のわらじ(5.12a)』を久々に眺める。

過去に来たが、いずれも取り付いていて触れなかった課題。

超苦手なスラブやクラックではないので、是非やりたいのだけれど・・・。

コロッセオの辺りには荷物が見えた。

f:id:Argon:20210909114929j:plain

沢は難所なく、岩を見ながら歩く。苔は綺麗だ。

f:id:Argon:20210909114933j:plain

右岸に岩屋があった。焚火跡も。

ライミングエリアから少し上だが、喧噪避けられ、寛げそう。

f:id:Argon:20210909114937j:plain

水が枯れたり、復活したり。基本は、この後ガレ沢。

f:id:Argon:20210909114941j:plain

沢沿いの花はこのくらい。

f:id:Argon:20210909114945j:plain

倒木はあるにはあるが、歩行に支障は全くない。

f:id:Argon:20210909114949j:plain

二俣。左の西沢へ入る。

f:id:Argon:20210909114952j:plain

美味しそうなキノコ。

東沢上部はガスで包まれている。県境稜線も、霧雨かなぁ・・・。

藪漕ぎで、びっしょりにならないといいなと思う。

西沢は更に歩きやすくて、快適に進める。

f:id:Argon:20210909114955j:plain

良く見るキバナノコマノツメ

f:id:Argon:20210909114958j:plain

多分、ミヤマスミレだと思う。もう完全に散る寸前。こんな時期に。

f:id:Argon:20210909115002j:plain

しばし登ると、平坦に近い場所があった。

とても雰囲気がいい。ミヤマバイケイソウが多い。

f:id:Argon:20210909115005j:plain

苔がとても綺麗だ。素晴らしい。

沢にはまだ水が流れるが、すぐに県境稜線となるので、ここから離脱。

僅かな距離で稜線に乗る。シャクナゲが目立つ。

f:id:Argon:20210909115013j:plain

案の上、霧雨になった。

f:id:Argon:20210909115009j:plain

見通しが利かない中で、ドクツルタケが一際目に付く。

f:id:Argon:20210909115017j:plain

ヒメミヤマウズラ。

小さいので目立たないが、今日のような環境下では、幾つか見つけられた。

f:id:Argon:20210909115021j:plain

二度目の松ネッコ。変わらない。

風が少しだけあるが、樹林のお蔭で遮られて良い。

踏跡は、まずまずの印象。

f:id:Argon:20210909114805j:plain

途中で、木材搬出用と思われる遺物。2つあった。ケーブルも。

藪っぽさは殆どなくて、勾配も緩いので、はかどる。

f:id:Argon:20210909114809j:plain

途中で、岩場があったので、行ってみる。2101m地点の東端といった場所。

晴れていれば、結構展望良さそうだったが、これが限界。

稜線は倒木や藪が濃いような様子の場所があるが、右を歩けば皆無に等しい。

f:id:Argon:20210909114813j:plain

左のキノコは何にやられてしまったのだろうか。

f:id:Argon:20210909114817j:plain

基本的には、こんな様子の道が大半を占めるので、ルートの見極めは余り必要ない。

たまに倒木で踏跡を見失うが、歩きやすい所を適当に進んで大丈夫。

f:id:Argon:20210909114821j:plain

2280~2290mに、6~7mくらいの岩があった。左右どちらも踏跡あって下部を通過する。

晴れていたら、登れる様子なので、展望を見てみたかった。

f:id:Argon:20210909114825j:plain

いよいよ、藪のお出ましかと身構えたが・・・。

踏跡はこの下にしっかりある。藪が酷い所はこの程度で、本当に極僅か。

藪が被さる場所は、かがんで歩けば、ストレス少なく普通に進めた。

f:id:Argon:20210909114829j:plain

小川山、着。左から出てきた。

二等三角点、点名そのまま『小川山』。

小川山の北尾根は気になるところで、あちばけダムまで歩き通したら充実するだろうと思う。シャクナゲはとても手強そうだと予想する。

山頂手前から、霧雨が普通の雨になって、風もあって休んでいると寒い。

さて、下山をどうするか悩む。

  1. 大双里沢、下降
  2. 廃道になった道の探索

この2つだが・・・。

結局、大双里沢の上部は余り惹かれぬ様子であり、2のルートにした。

瑞牆山東尾根までに、幾つか候補があるが、結局分からず、最後の沢地形を下ることになった。

f:id:Argon:20210909114833j:plain

こんな様子の場所を下降していくが、灌木密藪に少々捕まる。

倒木も多く、しばらくは我慢・・・。

f:id:Argon:20210909114837j:plain

ラカンバが目立つようになると、少しほっとできる場所があった。振り返る。

この後も、倒木で苦しむ。穴が空いていたりして、注意を要した。

それでも踏み抜いたり・・・。

f:id:Argon:20210909114841j:plain

やっと水が出るが、倒木はやはり多め。

くぐったり、乗り越えたりで、ボルダリングの消耗も効いてくる。

許容は十分できる程度だが、正にトレーニング。下りなのに、息が上がる。

沢靴でなくても、濡れずに下れるだろうが、気にせずに水に浸かって下る。

2000m付近まで高度を下げると、途端に歩きやすくなる。

f:id:Argon:20210909114845j:plain

写真を撮る余裕も十分に出てくる。

f:id:Argon:20210909114849j:plain

ガレだが、倒木が無い分、とても歩きやすい。

右手に廃屋が見えてくる。

f:id:Argon:20210909114853j:plain

手前は潰れていたが、一つは残っていた。造林小屋。

一応、辛うじて、風雨は凌げそうだ。

電気が通っていたようで、内部には電球と配線が見えた。驚いたことに、洗濯機らしきものまであった。そして、ゴミは非常に多い・・・。

f:id:Argon:20210909114857j:plain

一升瓶やらビールの空き缶だけでなく、コンテナ、一斗缶、ドラム缶と・・・。

ここまでのゴミは中々見ない。最も酷いかも。

道は気にせずに、沢沿いを下る。

f:id:Argon:20210909114901j:plain

この滝は4~5mあり、右岸から巻き下った。

間も無く、『王冠岩』と書いてある標識を見つけ、登山道に合流したことを知る。

結局、廃道は分からなかった。

帰ってきて、手持ちの1974年山と高原地図を見たら、道はどうやら2062m岩峰のある尾根上にあったようだ。前回、調べておけば良かった・・・。

あとは、やっつけの下山。

f:id:Argon:20210909114905j:plain

岩を見ながら下る。前傾しており、見栄えはするが、登れそうにない。

f:id:Argon:20210909114909j:plain

f:id:Argon:20210909114913j:plain

不動滝は、中々の水量で大満足。

写真を撮って休憩する。

もう、ここまで来ることはないかもしれない。

濃霧となるが、雨は逆に殆ど落ちなくなったのもいいことに、サクッと下山。

今回、これで、東は雲取山から西は槍まで繋がった。

少しずつ、県境も繋げていこうと思う。

 

  • コースタイム

ゲート(13:07) → 姐御岩(13:20) → 二俣(14:03) → 松ネッコ(14:28) → 岩場(14:50) → 2280m岩(15:20) → 小川山(15:35) → 下降地点(16:10) → 造林小屋(16:55) → 不動滝(17:30) → ゲート(18:10)

 

松ネッコ・小川山 / Argonさんの小川山の活動データ | YAMAP / ヤマップ