遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

有明山

松川コースで有明山へ。
木材伐採中だったが、駐車場も整備されており問題なかった。
沢沿いを進み、最初に対岸に渡ったところで親子糸滝の標識がある。

落差・水量は乏しいが、岩の感じは悪くない。
進んでいくと、目を見張るような紅葉が随所にある。

青空に映えてとても木漏れ日も気持ちがいい。
何度か渡渉ポイントはあるが、橋が落ちていても特に問題ない。
二股(右)に滝が見えたので行ってみたが、足場が良くない。

寄り道しないでもいいくらいか。
戻ってすぐに不動の滝。

落差は15m位か。

中々綺麗な滝壺。
滝のすぐ右側を登って越えていく。
途中の支流の水が美味しく、帰りにたっぷり汲んでいった。
越えて間もなく山の取付に。
結局、沢沿いは煩いくらいにテープや目印豊富で、まず迷わないはず。
ここからも整備は比較的よくされているが、笹や木の根が滑りまくり、手を焼く。
尾根に出ると表参道を合わせる。
祠がすぐ上にあり、進んでいくと展望がようやく見られる。

先日歩いてきた餓鬼岳の稜線も、清水岳〜東沢岳の稜線越しに見える。
尾根に出たらそれほど山頂まではかからないと思っていたが、きつい傾斜が容赦なく続いた。

飽き飽きした頃、ようやく山頂(北岳)へ。
鳥居は避雷針も兼ねているのは有名。
休まずに奥宮を目指した。
三角点はすぐ。

東側の展望は中々。透明度はそれほどではないが満足。
多少藪っぽいが、目印や踏跡は十分で奥宮へ。

よくここまで建てたなー、と。
この先は道はないので真ん中の社付近で燕岳の稜線を撮る。

南アルプスは先日雪で白くなったが、こちらはそういう様子がない。
11月頭くらいはまだ行けそうかな・・・。
北岳に戻り、ゆっくり食事を作って休む。
下りでは何回か滑ったり派手に転倒しかけたりしたが、無事帰還。
噂通りに中々登りごたえもある曲者だった(笑)
普通に標高差1000m以上あるわけだし。
次はやっぱり黒川沢を登っていく廃道気味の表参道からかな。

  • コースタイム

駐車場(9:00発) → 親子糸滝(9:20) → 第二渡渉点(9:30) → 二股滝(10:05) → 不動の滝(10:15) → 取付き(10:25) → 落合(11:05) → 北岳(12:10) → 南岳(12:30) → 北岳(12:45-13:15) → 落合(13:50) → 不動の滝(14:40) → 第二渡渉点(15:15) → 駐車場(15:40着)