遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

牧馬沢

数ヶ月前、雨で敗退した、牧馬沢へ。
前回同様、F3上から入渓。
降雨後を狙っていたので、F3を見る限り、前回ほどではないが、水量は多め。


紅葉にはだいぶ早いが、その時期は綺麗だろうな〜。
F2は、右岸を大きく高巻きすると、傾斜が緩んだところに残置ロープがあり、そこから下りられた。
まずは、F2を見に行く。

特徴は無いが、滝壺が大きい。
前回、自分が懸垂下降しようとしていた所は絶壁で、やらなくて正解だった。
また、すぐ下流で支流がゴルジュに滝となって落ちている。

正面に回って…。

結構な落差で、20m程度ありそう。
この滝とゴルジュを見たくて、わざわざ再訪したんだ。
下流から振り返って…。

素晴らしい♪
僅かな距離下れば、右岸から、支流の滝。

高さは10m以上はありそうだが、水量は少ない。
まぁ、どうでもいい。
そして、終点、F1:牧馬大滝の落ち口。

滑り落ちるのが恐ろしいので、安心して写真を撮れるのも、ここらが限界。
今度は、上流へ。
泥が付いて気持ち悪いが、戻るしかない。
入渓点の200m程度上に、小滝。

2mにも満たず、滝と言えないが、上の滝は5m程あった。


滝壺も大きく、幅広で、落差の割に大きく立派に見える。
この上には何もなく、墓が右に見える。
そこで打ち切って戻った。
今回、結局ロープは使わなかったが、あった方が安心できる。
特に、残置ロープは腐食しており、油断ならない。
大滝の巻きは分からないが、下流からの方が楽な気がした。
前回は遭わなかったが、この沢にもヤマビルがいるのを確認した…。