遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

八町山

里山の部類に入るであろう、八町山へ。

八雲池公園から登り始める。

良く整備された公園。静かで素敵だ。

f:id:Argon:20181209223256j:plain

駐車は適当に。まぁ、殆ど人など来ないだろう。

そして、斜面を適当に上がり、尾根に取り付こうと登ると・・・。

f:id:Argon:20181209223257j:plain

林道にすぐ出て、見えるすぐの距離に登山口があった。

f:id:Argon:20181209223258j:plain

境界見出標がある。目印や踏跡もそこそこある。

f:id:Argon:20181209223259j:plain

適当に踏跡を辿っていくと、一箇所だけ盆地が見えた。

そして、巨木があった。

f:id:Argon:20181209223300j:plain

また適当に登って、稜線らしい緩やかな稜線に乗った。

八町山はこの稜線上だが、左にも同じくらいの標高のピークあり。

f:id:Argon:20181209223301j:plain

八町山、頂上。

地味な山であり、展望無し。

f:id:Argon:20181209223302j:plain

三角点や標識はあった。

f:id:Argon:20181209223303j:plain

源氏山に適当に進めないかと少し徘徊したら、西には林道が延長されてきていた。

北側は行止り。

せっかくなので、八町山の南西にある双耳山とも思えるピークも踏んでみる。

f:id:Argon:20181209223304j:plain

こちらは木が茂っている。踏跡も殆ど無い。

ここからコルに下り、沢型を下って行く。

出頂ノ茶屋跡らしき場所には一升瓶やらビール缶やら割れた茶碗やら転がっていた。

少し散策して、比較的明瞭な道を行き、戻る。

f:id:Argon:20181209223305j:plain

f:id:Argon:20181209223306j:plain

池の周囲の紅葉が見頃。

f:id:Argon:20181209223255j:plain

東屋で寛いで、着替えた後、ゆるりと帰る。

 

 

-コースタイム

公園(11:35発) → 登山口(11:40) → 八町山(12:45) → 西ピーク(13:00) → 出頂ノ茶屋跡(13:20) → 登山口(14:00) → 公園(14:10着)