遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

石保戸山 ヤブ沢の頭

前回に続き、甲州市を攻略。

もう何年も前から、柳沢峠~笠取小屋間が進んでいない。

起床すると喉が非常に痛く、唾液嚥下でさえもかなりの痛み。

お馴染みの遅い出発。高橋地区へ。

f:id:Argon:20191109224023j:plain

古刹というより唯の古寺付近まで車で乗り上げる。

TTではこの辺から大人しく歩いたほうがよさそうだった。

ちゃんと電気が来ているのか。

f:id:Argon:20191109224029j:plain

火の見櫓と公共らしき建物。最早、廃屋。

林業盛んな頃は、ここも栄えていたのでしょうか。

f:id:Argon:20191109224034j:plain

紅葉を時折見られ、気分は良い。路面からすると、山道を歩いているような感覚で、余り苦にならない。

別荘地のような少し新しい建物もあったが、それ以外は現役ではないだろう。

途中で、重機で作業している場所に出くわしたが、ちょうど休憩となり、通していただいた。

f:id:Argon:20191109224039j:plain

ゲートが現れる。横から乗越て先へ。

すぐ先の稜線から回り込むように取り付いた。

f:id:Argon:20191109224045j:plain

f:id:Argon:20191109224049j:plain

鮮やかな・・・。魅入ってしまう。

f:id:Argon:20191109224053j:plain

稜線上には踏跡、明瞭。

f:id:Argon:20191109224057j:plain

大ダル林道のようだ。ハイカーが犬を連れて歩いていた。

法面を登れなくもないが、見たところ、沢型を登って稜線に上がるのがいいだろうと判断。

f:id:Argon:20191109224101j:plain

今日は青空と紅葉の組み合わせは最高。

f:id:Argon:20191109224105j:plain

林道からの取り付き。鋭角にて道が続いていた。

f:id:Argon:20191109224110j:plain

カラマツの植林と笹。

刈払いは十分で、とても歩きやすい。

石保戸山へは途中で逸れる。それでも踏跡あり。

f:id:Argon:20191109224115j:plain

1カ所、展望があった。

ここは堰堤があって、そのため木が無いせいだった。

f:id:Argon:20191109224120j:plain

のっぺりしているが、どこでも歩いて行ける。

枯れた笹が多少あるので、適当に適切に・・・。

f:id:Argon:20191109224124j:plain

手製の山頂標識が落ちていたので、拾い上げて掛ける。

そこそこの広さはあるが、展望は無い。

稜線をそのまま進んで山道に合流することにした。

f:id:Argon:20191109224129j:plain

こんな様子。枯れた笹藪を踏み倒しつつ、避けつつ。

山道というより林道に出た。間も無くすぐ先で完全に林道の様相。

f:id:Argon:20191109224134j:plain

鳥小屋分岐というらしい。鳥小屋は1760mピークらしいから、そこも踏んでみよう。

この道は斉木林道ですね。車も笠取小屋まで通るので、整備は十分のようだ。

f:id:Argon:20191109224139j:plain

植林カラマツだが、悪くない。

左を気にしながら、適当な沢型から取り付き、1760mの鳥小屋へ登る。

f:id:Argon:20191109224142j:plain

御料局三角点があった。展望は期待していないし、実際ないが、これでちょっと嬉しい。

東京水道局の標識が刺さっているのを所々見て、その踏跡・道を行く。

f:id:Argon:20191109224147j:plain

適当に歩いていたら、斉木林道に出てしまった。

f:id:Argon:20191109224151j:plain

ヤブ沢峠。ベンチがあるので、帰りに休憩しよう。

左の植生や様子を観察していると、ここならばという箇所がおあつらえ向きにある。

f:id:Argon:20191109224156j:plain

これを登って、ヤブ沢の頭すぐ手前に出る。

そこから僅かでヤブ沢の頭だった。

f:id:Argon:20191109224200j:plain

三等三角点。点名、『高橋』。

笹が枯れているので、藪っぽさは無い。それに踏跡は明瞭だ。

踏跡をそのまま北に進むと、笠取小屋が見えてくる。

しっかり営業していて、テントを張るところの撮影グループ?もいた。

f:id:Argon:20191109224205j:plain

私は居心地が悪いので、さっさと斉木林道を戻る。

整備状況は非常に良好に感じた。

ヤブ沢峠で小休止して、鳥小屋分岐へ。

f:id:Argon:20191109224209j:plain

こちらは車が通った様子はなく質は落ちるが、歩きやすさは変わらず良好。

f:id:Argon:20191109224214j:plain

午後になって日差しも変わり、紅葉狩りには良い時間帯だ。

f:id:Argon:20191109224219j:plain

廃トラック。素敵。

1592mピークには三角点があるようなので行ってみる。

f:id:Argon:20191109224223j:plain

四等三角点。点名、『鳥小屋』。

少し先の、1513mピークにも三角点があるので踏む。

f:id:Argon:20191109224227j:plain

四等三角点。点名、『白沢峠』。

先ほどと同じ様子の景色だ。

道から少し離れるだけなので、どちらも楽々だ。

f:id:Argon:20191109224233j:plain

そろそろ斜陽で紅葉を存分に楽しむ。

静かに紅葉を見るのが私には合っている。

さて、僅かで白沢峠。

f:id:Argon:20191109224238j:plain

賑やかだが、地面に落ちておりどうしたことか。

戻る高橋への道は記載がないが、道形らしきものはあるのを確認。

その前に、廃トラックを鑑賞。

f:id:Argon:20191109224243j:plain

味わい深い。2台のトラックも見られて満足。

ここから、下山。落ち葉で少し分かりにくい。

f:id:Argon:20191109224249j:plain

こんな様子で落ち葉が堆積している。

f:id:Argon:20191109224254j:plain

沢沿いを下っていく。

f:id:Argon:20191109224258j:plain

支流が集まってくる。振り返って一枚。

f:id:Argon:20191109224303j:plain

目を惹く巨木。

f:id:Argon:20191109224308j:plain

危険個所無く、林道へ合流する。

5分も下れば、大ダル林道に出る。

f:id:Argon:20191109224019j:plain

この延長上に往路通った箇所があるのか。

バイクで通れたらいいが、ダメですね。

その後は真っすぐ直進して、通ってきた道に出て駐車地点へ。

紅葉狩りにはまずまずのハイキングだった。

体調は悪かったが、とても心は癒された。

 

  • コースタイム

古寺(11:05) → ゲート(11:30) → 大ダル林道(11:40) → 石保戸山(12:20) → 鳥小屋分岐(12:45) → 鳥小屋1760m(12:55) → ヤブ沢峠(13:20) → ヤブ沢の頭(13:30) → 笠取小屋(13:35) → ヤブ沢峠(13:50) → 廃トラック(14:30) → 四等三角点、鳥小屋(14:50) → 四等三角点、白沢峠(15:10) → 白沢峠(15:30) → 林道(16:00) → 大ダル林道(16:05) → 古寺(16:35)