遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

高座山

家業も折り返し地点となり、余裕も少々出てきたので、朝づくりを終えてからバイクで遊びに行く。

まずは、腹ごしらえ。

吉田のうどんが嫌いなわけではないが、こちらの『えびすや』さんに比べたら・・・。

開店していれば、迷わずこちら♪ あくまでも、私の好みなので、あしからず。

安定の美味しさに満たされ、腹ごなしに向かう。

今回の山の目当ては、高座山。

10年以上も前に杓子山とともに登っているのだが、今回は、花見が目的。

鳥居地峠から出発する。

真夏の日差しと暑さはあるものの、風があって何とかなる。

まずは、簡易林道を歩く。

林道らしき道を離れ、ここから尾根を登っていく。

一体、以前は下部がどういうルートだったか、思い出せない。

間も無く、草原に出る。シシウドが青空に映える。

早速、沢山の花が見られる。

ツリガネニンジン

この色彩もあって、特にナデシコは目立っていた。

タチフウロはやや少なめ。

ボタンヅルですか。

マルバハギですか。

この道は見覚えある!冬にぬかるんだ地面が非常に歩き難く、転んだのも思い出す。

夏の今も、歩き難いことには何も変わらない。

それにしても、暑い・・・。風が無かったら本当に地獄。

アキノタムラソウ。アキノと名にあるが、梅雨時から咲くらしい。

オミナエシは割と多い。

出発から昼食前までは、富士山見えていたのに・・・。

何だろう?散った下部から蕾の上部。

カセンソウ?

キセワタのようだ。レア。

何だろう?ヒメヤブランかな?

シモツケ。僅かだが目立つ。

高座山、着。四等三角点、点名もそのまま『高座山』。

初回の写真と比較すると、様子が全然違うのに驚いた。

この辺もうろうろ。

面白い形をしている。調べてみると、オケラの蕾らしい。

目当ての花は、どこなのか分からず、ゆっくり登りの道のやや南についた道を下る。

が、オオナンバンキセルはあるものの、全く分からない。

結局、もう一度登ってしつこく探す。

下山は、南を周回して。

バライチゴの花。

下部には実になったのも沢山。

車でも上がれるような道を下っていく。

オオナンバンンキセルは、結構多かった。

寄生植物。ススキなどに寄生するそうで、その通り。

蔓っぽいので、ノササゲ?

ツユクサですか?珍しくない植物だが、この状態を見るのは貴重だ。

コオニユリも結構見られた。盛夏ですね。

写真で見るには、夏の高原で涼しそうな雰囲気だが、暑さはとても厳しい。

振り返る。シシウドは大きいので、遠くでも目立つ。

キキョウも多かった。この一角、とてもいい状態♪

展望地で開けた場所には、コスモスが植えられていた。

富士山は、変わらず残念なので、写真無し。

イヌゴマでしょうか。

振り返る。右から歩いてきた。左はハングライダーで使う道でしょうか。

間も無く、樹林帯の林道となり、登りの道に合流して戻った。

そして、目当ての花、ヒナノキンチャクも沢山見つけられた。

はじめかなり注意深く探したが、そんなことしなくても容易に見られた。

とても小さく、花は5㎝未満か。

目標は達成!!

ワレモコウ、ツルフジバカマ、フクシマシャジンも結構あったな。

ユウスゲはアウト!

鳥居地峠に戻って、ゆっくりと再度撮影。

フシグロセンノウ。林道脇でも頻繁に見る。

シデシャジン。くるんくるんして面白い。

風で揺れるので、撮影に時間がかかった。

時間もあるので、小休止して、峠の反対側の未踏峰へと向かうことにした。

 

高座山 / Argonさんの高座山(山梨県)の活動データ | YAMAP / ヤマップ