遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

五郎山

山梨と長野の県境の周辺を攻める。今回も同行者あり。

小川山のボルダリングで敗退したら、午後からでも登れるなどと思っていて、これも残していた山だった。

意外にこういうのが、いつまでも落穂となってしまうものだ。

f:id:Argon:20201222204042j:plain

宿泊棟、キャビン手前にあるこちらの橋の手前に駐車して出発!

ちょっと薄日で冬の日という印象が強い。

f:id:Argon:20201222204046j:plain

事前情報通り、林道は荒れている。余程の車でないと入れない。

沢を渡って、左岸を適当に登っていく。再度、林道に出て、沢を右岸へ。

f:id:Argon:20201222204050j:plain

そして、登山口らしき様相。標識もある。

これまでが平坦だったので、勾配が特にきつく見える。

植林で下草もなく歩きやすい。

f:id:Argon:20201222204054j:plain

植林も終わって、奥秩父っぽい雰囲気の様子となる。

そして、展望地に出る。

f:id:Argon:20201222204102j:plain

派生する尾根上にも幾つも未登ピークがある・・・。

f:id:Argon:20201222204058j:plain

天狗山は特に目立つ。八ヶ岳は非常に寒いだろう。チリ雪が舞っていることと思う。

そして、ここも風があり、ちょっと寒い。

f:id:Argon:20201222204107j:plain

岩場が出てきて、展望もいい感じとなる。

f:id:Argon:20201222204112j:plain

どうやら、あれが五郎山のようだ。

これほど、岩山然としているのは、予想に反して高評価だ。

f:id:Argon:20201222204117j:plain

ロープが下がっているが、特別危険ではない。見上げる岸壁が立派。

ここからは、右にトラバースして回り込むようにして、山頂を踏むことになる。

十分に直登も出来そうな場所はあるように見えた。

f:id:Argon:20201222204122j:plain

山頂は南側が開けており、悪くない。

f:id:Argon:20201222204131j:plain

地図上でも稜線を繋いでいけば、甲武信岳から国師岳の北側から周回というのは、とても楽しそうに感じていた。この景色を見ると、それは間違いではないと思う。

f:id:Argon:20201222204136j:plain

こちらは、山頂から進んだ西の様子。

ちょっと、足場が危うくなるので注意。

眼下の岩の稜線は見て良し、歩いて良し。

さて、お待ちかねの・・・。

f:id:Argon:20201222204126j:plain

チゲ鍋♪ 山頂でゆっくりと調理して食べるのは、単独だとほぼ無いので、新鮮だ。

ジェットボイルの鍋を使うのも久しぶり。

食べ過ぎなくらいで、満足!

重くなった体を軽くするには、下山はとても短く感じられる。

下山は林道を歩いてみる。

f:id:Argon:20201222204037j:plain

f:id:Argon:20201222204033j:plain

写真を撮りつつ・・・。

幻の滝は、またの機会となった。林岳なども登り残しがあるので、まぁ良し。

降雪前の最後の山登りとなるかもしれない。