遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

小川山

この時期のボルダリングなどしたことがないので、どんな感じかとワクワクしながら小川山へ向かう。

手汗をかくレベルであるが、登れないことは全くない。岩の状態は暖かいものの、フリクションは悪くはないと思う。

以前、『神の瞳』(初段)は登っているが、両手アンダーが正式との情報もあり、登り直す。

前回は、左手アンダー、右手カチだった。

対して難しくもない一手なので、1回目のトライで登れた。

その後は『ミケ』(二段)をトライ。

何度か飛んで、リップまで結構届いているのだが、右手が抜けたり勢いを殺しきれずに登れない。

はぁ・・・、かなりショック。

前回やった時の印象から、次は楽勝でしょうなどと実は見くびっていた。

すみませんでした。

指皮をたっぷり消費してしまい、『飛沫』を触るも早々に諦める。

最後に『忘却の川』をやろうとするも、先客あり。『大いなる川の流れ』をトライする。

前半のムーブが全く分からず、中間のガバまで到達できない。

というか、スローパーなど全く持てる指皮の状態、フィジカルではなかった・・・。

ムーブを試す以前の問題。完全、力不足!!

うーん、夏は毎朝3時間の家仕事後なので、調子が上がらないのかしら。

前日、ジムで指皮を消費してしまったのも良くなかった。

本当、まだまだだね。