遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

小川山

時間ができて、午後から小川山へボルダリング

岩バカになったものだと、つくずく思う。

前夜は雨で曇り。当然だが、岩のコンディションは良くないも承知。

f:id:Argon:20190706103208j:plain

石楠花エリアへと。ツツジはもう終わりとなったが、緑がしっとり美しい。

f:id:Argon:20190706103211j:plain

と、シャクナゲの花を発見!

石楠花遊歩道と名前が付いているのだが、開花しているものはほぼ無い。

さて、肝心の岩の状態は…。

はい、一筆岩は駄目。忘却岩はできなくはないが、という感じ。

先週まずまずの状態だった瞳岩。

f:id:Argon:20190706103216j:plain

うーん、ここも先週よりいまいちな状態だが、まぁできそうだ。

スタートをサーキットしていた方から教えていただき『瞳の奥(二段)』をトライすることにした。

しかし、この人*1、激強で初段と二段のサーキットをしているらしく、さらりと『神の瞳』『飛沫』『ミケ』と一瞬で駆け抜けていった。

以前に登っているとのことだったが、いやぁ凄い。どこまで行ったのだろう。

さて、『瞳の奥』はマントル課題みたいに感じる。

3回程で、薄いところにヒールを掛けて良い感じになるが、抜けてくるぶしを擦りむく。

俄然やる気になって、絶対に登ってやる!と思う。

靴下を履いて保険をかけて、次はヒールは抜けずに登れた。

左への乗越が、何となく6月に登った『神無月』と似たムーブだ。

あっさりと登れてしまったので、軽食を取ってマットに横になる。

すると、一瞬で寝落ち。1時間程度は寝てしまう。

起きると何か所も虫にさされているし、体はだるくなってしまうし、やれやれな状態。

前回取りこぼした『飛沫』にトライするが、全然持てない!

どうしたことだろう。5回程やるが、ダメで諦める。

『ミケ』を最後にトライ。

リップは止まりそうな状態。っていうか、さっきの人は一撃した模様なので、言い訳などできないが。

5回程打つが、ダメだった。

これは一番最初にやらないと、ちょっと私にはパワー不足で引き切れない。

前回より距離は出たトライがあり、まぁ、その内登れる確信はある。

今回は、昼寝したのがどうも良くなかったみたい。

でも、毎回初段以上の課題を登れているので、嬉しい。

帰りには、ナナーズで毎度フレッシュなレタスを買えるのもいいなぁ♪

*1:もしや?と思い帰って調べたら、『倉上慶大』氏であったようだ!!

わーん、迷惑と思うが、もっと話しておけば・・・