遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

小川山

ジム仲間の同級生と、小川山へボルダリング

私は、小川山でのボルダリングは2回目という初心者。

野辺山の-3℃という気温にびびりながら移動。

その通り、寒さに震えながらのトライ。

スパイヤーにある、ライトスパイヤー(3級)、スラブ(6級)でひとまず遊ぶ。

スラブ嫌いな私はライトスパイヤーで5回以上トライして回収。

その後、田嶋ハング(初段)に手を出す。

すぐによれそうなので、有名課題、エイハブ船長(1級)にも手を出す。

4便程度で登れてしまったが、上部は強引にマントルを返してねじ伏せた。

ご一緒した方からは、見たことのないムーブだそうだが、ラインは間違いないはず。

結構、吸い取られたので、田嶋ハングをいいムーブやホールドの持ち具合を探る。

が、結局、左手に穴が開いてよれて敗退!!

次はきっと登れるはず!!

その後、以前、キャンプの翌日二日酔いで敗退したことがあった、ビクター(1級)をお触り。

止まりどころを確認して、2回で回収♪

本当に1級か?というほど簡単に感じた。

三日月ハングは登っているので、Two monks(二段)をお触り。

足がどこを踏めばいいのか分からないが、痛くて踏めない感じではなかったので、十分に可能性あるかなー。

ここで終了!

靴がミウラなら花崗岩も以外といけるか・・・?

以下、完登課題。

  • ライトスパイヤー(3級)
  • スラブ(6級)
  • エイハブ船長(1級)
  • ビクター(1級)

多分、登れるであろう課題

  • ミダラ(二段)
  • Two monks(二段)
  • 田嶋ハング(初段)

f:id:Argon:20181217214409j:plain