遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

葛野川 深入沢

E氏と共に、相模川葛野川支流である深入沢へ。

深城ダムの駐車場に停めて出発。

深入沢の左岸には立派な階段。下は多少急だけれど、踏跡はある。

入渓してすぐに6m滝。上部は少し寝ているけれど、下部は傾斜が強め。
E氏先行で直登を試みる。

右壁から取り付いて上部は右に移動して越える。
私も続いて…。
下部は左足をフットホールドに送るのが中々体幹を必要としていい感じ。
上部はホールドが殆どないスラブでやっぱり右に抜けた。
最初からピリリと辛めの滝で素敵!


その後は小さ目の滝。

さて、続いて大物12m。

これはガイドでは巻きとあるが、左壁が登れるに違いないと取り付く。
実際、かなりホールドは豊富でせいぜいⅢ+程度で快適に登れた♪






滝は多くて滑もあり、素晴らしい。しかも直登できて、そんなに難しくない。

これもまずまずだけど、水流を中央突破できる。




このように釜付の小滝が幾つも幾つも続き楽しすぎる。

右側の水流沿いを登れる。E氏先行で快適!

すぐ上には二俣でどちらにも滝がかかる。

左俣の滝は中々上段が手ごわそうだが、左→右ときっと登れる。

向かう右俣は割と緩いが楽しい滝。

相変わらず滑が続いて素敵。

4m程度の滝が適度にあって飽きない。

これも小さ目だが、中々の美しさ。

これで目立った滝は最後となる。

最後の水流のある二俣。

右に入って水流も更に減って、これで本当に最後。

そして、完全に水が消える。
右の小尾根に乗って詰め上げる。少し藪っぽいが、上はヒノキの植林となり若干マシ。

詰めあがってからトラバースすること数分で下降点の尾根に出る。
ここで休憩。
僅かに霧雨だったり止んだりであるが、暑くなくて良かった。
この尾根は仕事道になっているようで、踏跡は割と明瞭でそれほど急な所もなく安全な尾根。
一ヵ所、尾根の分岐で間違いやすいところにはロープも張られていた。

ダムの放水が特等席のように見える。
滑り降りたら楽しいだろうかなどと話しながら道路に降り立つ。

短いので、もう隣に一本行く気になれば行けるなー。
今日は元々天気が微妙だったので、これにて終了して小菅の湯に寄り戻って解散。
深入沢は短めながら、全ての滝が直登できて素晴らしい!!
ちなみに、残置は全く無い。
一番はじめの6m滝が登れるならば、それより難しい滝は無く、快適な遡行が約束されるだろう。

  • コースタイム

駐車場(9:05発) → 入渓(9:15) → 二俣(10:55) → 水枯(11:30) → 下降点(12:00) → 駐車場(13:25着)