遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

黒金山

R君と西沢渓谷から黒金山へ。
今回はそこそこ人が多い様子。

西沢渓谷はもう何度も通って写真も撮っているので、ネタ切れというか・・・。
1時間程歩いて、登山口に到着。

最初は急な登りが続く。何年か前に同じコースで登っていて良く覚えている。
シャクナゲはたくさんあるが、殆どは散っている。

ツツジの一種は途中でたくさんあった。
紅葉台まで来ると傾斜が緩む。

岩峰っぽいのが西に見える。2021mピークからの派生する尾根の末端近くにある。
登ったら楽しそう。

たまにシャクナゲの花が出てくる。

お丸付近では黒金山と牛首が見えて、国師岳も貫禄ある山容で見える。

古い標柱が朽ち果てそうな様子で残っているのも惹かれる。
牛首のピークは後で向かうことにした。

牛首ノタル。牧歌的な雰囲気で休憩には良い。2組の登山者に会う。
黒金山までもう少しなので先へ進む。

北面は岩が積み重なって展望が開けている。尾根の向こうには富士山が少しだが見えた。

国師岳が大きい。ただ、治山工事で堰堤を作っているのか林道も含めて痛々しい。
これが全部なければ山深さは素晴らしい。
丁度、尾根が緩くなっている所があって、そこから金峰山の五丈岩が見えている。

甲武信岳木賊山や雁坂方面。
主稜線以外も行きたいので、ヌク沢辺りを詰めて青笹尾根を下る案が妥当かな。

長年気になっているが、どうにも日帰りでは限界があり、オオダオ・トサカとかこの辺りには行けずにいる。
石塔尾根や国師岳の天狗尾根などと合わせて回りたい。
ここで昼食後、1時間近く昼寝!
登っている間もだいぶ眠かった。カミキリムシやら羽虫が飛んできたが、割と休めた。
起きると喉が渇いて、水を8割程度消費してしまった。
長々休憩して、来た道を戻る。
牛首の頂上を目指して尾根に取り付く。

取り付きは踏跡が僅かにあり、まずまず歩けるが、途中からシャクナゲの密藪となる。

頂上付近。ピンクテープがあるのみで特別何も無いし、展望も無い。
ただ、シャクナゲが咲いている株がいくつかあって収穫。

登山道復帰は適当に北面を潅木を縫うようにしていく。
尾根より歩きやすいかもしれない。距離も僅かなので、簡単に復帰できる。丁度鞍部に出られた。
次、お丸。

『お丸』って・・・?と思うが、丸は山の代わりのような意味なので、お山ってことかな。
見頃を過ぎたイワカガミが少しだけこの付近の岩場に咲いていた。
そして、最後の課題。大岩に文字の書かれたのを見つけること。

山と高原地図の解説で登山道北面の大岩とあったので、何とか見つけられた。
注釈無しでこれを普通に見つけるのは困難。

下には昔の標識の破片が落ちていた。
愛林と書かれた標識を目印にすると良いが、これも見落とす可能性あり。
ひとまず、今日の3つの目標は達成できた。
まだ、ハナ土のピークも踏んでいないものもこの付近にはあるので、何らかの方法で行かねばと思う。
家業で半日以上立ちっ放しの日が多く、膝がこわばったようになっているのが影響しているように感じた。

  • コースタイム

西沢渓谷駐車場(7:10) → 黒金山登山口(8:40) → 紅葉台(9:20) → 牛首ノタル(10:50) → 黒金山(11:20〜12:40) → 牛首(13:10) → お丸(13:40) → 大岩(13:50) → 西沢渓谷駐車場(16:15着)