遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

高登谷山・三国山

珍しく単独ではなく、友人と登山。2回目だが、何と5年近く前回から開いている。
行先は、高登谷山。
登山口もそれ程労せずにして探し当てて登山開始。

普通の尾根道。
天気は生憎、雲の中。

広葉樹の中を歩いていく。勾配もきつくなくて快適。
下草は殆どなく、キノコが多い。
まだ半分過ぎたくらいかと思っていたら、あっさりと山頂。

予想通りに展望なし。休憩を少し挟んで出発。

どうやらこれが南峰らしい。

トリカブトが鮮やかに咲いていた。
有刺鉄線が尾根上にはあったが何のためなのか。

すぐに南峰。
先にも踏跡があるし、あのまま大双里までいけそうな気がする。

天狗岩から。ガスが次々流れてきてこれが限界。瑞牆山が見えたのも僅か。
晴れていれば素晴らしいのだろう。

下山時もキノコは多いが、さっぱり分からない。
そして、さくっと下山。

足慣らしになったかどうかも怪しいレベルだ。


車道近くにある花を撮って、はしごをすべく車で移動。
扇平山に行こうとしたが、入口が分からず、三国峠から三国山へ登ることにした。

最近、秩父付近を重点的に攻めている。
高登谷山もそこそこいたが、先日、両神山にいたヤスデがここでも大発生していた。

ここも普通の尾根道。まぁ、峠からなので、当然といえば当然。

相変わらず展望はさっぱりだ。

花が咲きそうな植物を見たが何だろうか。

あっさりと山頂へ。この稜線も男山あたりからここまで繋がりそうな気がする。
気持ちが悪いヤスデのおかげで早々に引き帰す。
どちらも、もう少し寒くなってから来るべき山であったか。
その後、南相木村の滝見の湯へ。
値段分は十分にある温泉。
その後、甲府に戻り飲んだくれ。中々充実の日だった。