遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

2日目

早朝起きて、華厳の滝で、まったり。
いろは坂下りから見える、方等滝(上)と般若滝(下)を見に行った。


どちらも遠すぎて、がっかり。
それに、方等滝は、堰堤がすぐ上にあるし、見えないし。
再び、いろは坂を上って、中禅寺湖へ。
登るつもりがなかったはずの、男体山の登山をした。
明智平から眺めて、どんな山なのか気になったのが主な理由。
久しぶりの山歩きと暑さにバテた。
その後は、湖水魚(ヒメマス)料理を食し…。

値段は高いが、味は普通。
そのまま西へと進み…。


湯滝を見に。


人は多かったが、落差も水量も満足な滝。
移動を重ね、尾瀬はスルーし、照葉峡の滝見。


11の滝があるらしいが、そんなの全く知らなかったので、ちょっと得した気分。
ここを抜けるのだけでも1時間以上かかった。
それほど見応えのする滝はないのだけれど、水はとても綺麗だった。
次、奈良俣ダム

放水しているところを見てみたいものです。
割と近くにキャンプ場があるが、食料を調達していないので、見送る。
地図にも載っている、胴元の滝も見る。

上の道路跡から見る方が、全体を見渡せてよかった。
ロープが張ってあり、一応、滝のすぐ横にも行ける。
次!ツーリングマップルに、『バイクで行ける利根川最上流』とある、矢木沢ダムへ。
向かう道は、かなりいい路面状態。
ダム・奥利根湖は、人がたくさんいて、キャンプしていた。
きっと釣りが目的なのだろう。

展望所まで行き、満足して戻る。
そろそろ、寝床を確保したいので、久しぶりに野宿ではなく、キャンプ場を利用。
裏見の滝の途中にあった、宝台樹キャンプ場。
値上げしたらしく、フリー1泊テント1張で、1100円。
とりあえず、テントを張り、裏見の滝へ。

やはり、裏見の滝と呼ばれるいくつかの滝と同様に、裏には回れない。
下にもう一段、5mほどある。
暗くなってきたので、食料を調達しに、国道へと向かう。
道中、個人経営の店でもあればと思ったが、さっぱりなかった。
キャンプ場でシャワーを浴びて、食事して、寝ようとすると、騒ぎ声が煩い!!
ちっとも眠れやしない。
まぁ、22時前だし、一般の感覚とは、私は違うのだが。
もう、オンシーズンのキャンプ場なんか利用しない!と誓った。
野宿で全く不満がない私には、わざわざキャンプ場にする必要などなかったのだ…。