遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

1日目

珠の連休、日光へツーリング!
まずは、高速道路使用で鹿沼ICで下りる。
さっさと日光まで行くのも味気ないので、大芦渓谷のある、河原小屋三の林道を行く。
県道58号線から林道入り口には、大きな鳥居!

古峯神社がどれだけのものか知らないけれど、さぞや高名なのだろう。
林道脇の、不動滝、鍋ヶ沢滝、三蔵の滝を見る。どれも、さほどの印象はない。
そして、大滝。

林道からは、枝沢を下りていけば楽に見られる。
落差は10m程度だろう。
滝壺に陽が差すと、とても綺麗な色になっていた。
次のスポットは、裏見の滝だったが、何と遊歩道整備のため通行禁止…。
仕方が無いので、次の予定の寂光の滝に。
この滝は、見応えある!

これは、下から見えない上段。
下段から左岸の踏跡を辿ると楽に行ける。
うん、来てよかった♪
そろそろ、昼食の時間なので、ふと目に留まったお店に入る。

湯葉と蕎麦を食べる。
悪くない。
腹ごしらえも済んだところで、霧降高原の滝見へ。
何だか雲行きが怪しいが…。
まずは、百名瀑でもある、霧降の滝。

遊歩道を5分ほど歩くと、展望台に行けるが、あまりに遠い!!
写真は下段。 上段は木に遮られあまり見えない。
こりゃぁ、絶対に下まで行かねば満足出来ないな…。
他に人が多いので、下まで行けそうな小尾根を下るう訳にもいかず残念。
それにしても、蒸し暑い…。おまけに、雷が鳴り出し、雨が降りそうな雲が見える…。
でも、日光隠れ三滝を回ることにする。
霧降の滝駐車場からすぐ上に広場があり、そこから入る。
ここらは雨が降っていたらしく、笹に付いた水で服はびしょ濡れ…。
霧立ち込める沢は、幽玄でいい♪
中々距離があるぞ…。雨にやられたらマズイ…と思いつつ、軽快に進む。
ようやく、丁字滝。

撮影と観賞もそこそこに、次の玉簾滝。

幅が広いので、右左、上段へと、忙しく動く。
テラスはあるが、屋根がない!!
これでは、雨宿りができんぞ…。
そして、道路を挟んだ先に、マックラ滝。

ハング滝で、回りの緑も綺麗♪ そして、巨木が印象的。
少し眺めていたら、とうとう、降ってきやがった!!
幸い、まだ小雨だ。これなら、十分軽傷で戻れる!と思ったのもつかの間、渡渉ポイントで一転して土砂降り!
何とか雨宿りできそうなところを見ておいたので、すぐに避難できた。
まぁ、場所は、沢沿いのえぐられた斜面の木の下で、本当に辛うじてといったところ。
ヒルが出ないといいが…、と思っていたら、やはり出た。
しかしながら、10秒もあれば、下着までしっかり水没しそうなゲリラ豪雨なので、贅沢言っていられない。
レインスーツを持ってきていても、これは躊躇する。
10分程度だろうか、その場でじっとして、雨が収まるのを待ち、小雨のところ戻る。
駐車場まで戻ると、また土砂降りとなり、トイレの前で濡れものの処理をしていたら、ヒルが手に!!
たっぷり吸血していた。
ヒルと聞くと文学作品の高野聖を、いつも思い出すんだが。
子供の頃は、よくやられていたが、こいつにたかられると、血が中々止まらないんだよな。
服や体をチェックし、雨が落ち着くのを待つ。
元々、あまり予定を決めて来なかったので、これもまたいいか。
ほぼ止んできたので、レインスーツを着て移動。
日光いろは坂へ。路面は乾いており、この辺りは降らなかったようだ。

自分で運転して通るのは初めて。
二車線だったんだ!! スバラシイ♪
明智平は、とっくに時間を過ぎ、見られず通過。
最後は、華厳の滝へ。
東照宮には行ったことがあるが、ここへは来ていない。

お初にお目にかかります、華厳の滝の素晴らしさ!
その水量豊富な豪瀑、奇岩、左下にある潜流瀑…。
ツバメが飛び交い、望遠レンズと腕があれば!と思う。
エレベータを使わないと、下りられないのが非常に残念なのだが、とうに営業終了、開始も遅い…。
もう日が落ちているので、やむなく中禅寺湖の湖畔付近で野宿。
駐車場は、キャンプ禁止なので、場所の選定に苦労した。
まぁ、普通に考えて、私が張ったところもダメだろうけど…。
食糧・地酒を買いに行き、気分よく就寝♪