遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

上陸9日目 〜迷走〜

天気予報は、当てにならない・・・。
宗谷方面の天気は、雨マークが連続。
本当に、計画を立てるだけ無駄・・・。もう、信じないよ!
まだ、今日は、この辺の方が天気が持ちそうなので、どうするか考えながら、能取岬へ。

う〜ん、昨日の朝よりも、むしろいいぞ。
灯台と、海を眺めて、しばらくボーっと。
撤収は割と早かったのですが、気付けば、既に7時過ぎ。
焦りも出てきて、冷静な判断ができるはずもなく。
宗谷に行って今日から雨に降られるなら、今日、この辺を楽しんで、明日から降られる方がマシだと、悪あがきをしてみます。
昨日わざわざ網走まで移動してきたのが、全くの無駄骨です。
国道を黙々と移動し、摩周湖を目指します。
ちょっとだけ、寄り道して、神の子池に行きました。

TZRで悪戦苦闘しながら行ったことがあるのですが、セローでは、舗装路感覚で行けました。
誰もおらず、独占♪
しばし眺めて、再び移動。
摩周湖展望台方面を抜け、虹別林道を走ります。
霧の摩周湖というだけあり、今回は濃霧で、レインスーツを着ていなければ、きついです。
虹別林道の入り口は、特に何も標識が無かったような気がしましたが、問題なく西別岳の登山口へ行けました。
で、西別岳・摩周岳を軽く登ってきて、ハイスピードで林道を駆け抜け、国道243号線へと合流。
空腹だったので、ちょっと楽しみにしていた、弟子屈ラーメンを食べに行きました。

美味しそうだな〜、と思って2口程食べると、麺が全然ほぐれていないのが判明し、幻滅しました。
それに、ヌルイせいか味も今まで食べた北海道のラーメンの中でも最低となります。
こんなの出しておいて、総本店とは、呆れるねー。
提供時間は早いけれど、論外です。支店含めて二度と行きません。
こんなことになるなら、去年行った、川湯温泉にある三三五五で、ザンギを食えばよかった・・・。
心境を反映するかのように、曇から霧雨になってきました。
道道102号線を進みますが、藻琴山付近の展望もなく・・・。
藻琴山温泉を探していたのですが、どこにあるのか分からず、芝桜公園でのキャンプは止めました。
今日は、洗濯物を何としても処理しておかないとなりませんから。
しかし、この辺りは、結構天気がよさそうだし景色もいいので、あまり移動したくなかったのですが、仕方ないです。

こうして、移動、移動、ひたすら移動・・・。
サロマ湖のキムアネップ岬のキャンプ場まで移動したかったのですが、途中で日が暮れ力尽き、結局、女満別のキャンプ場でテント泊です。
昨日のキャンプ場・呼人浦から10kmくらいの所です。

国道にも温泉にも近いからなのか、大盛況でした。
既に地面は濡れており、ボトムシートが無ければ辛い地面で、これから雨にやられるかと思うとゲンナリです。
それはさておき、近くにある『美肌の湯』でリフレッシュしに♪

隣接するホテルで、コインランドリーの許可を取って、洗濯もばっちりできました。
洗濯終了時間に、湯から上がり、乾燥機に移した頃、集中豪雨が!!
小康状態になったのを見計らい、慌ててテントに戻りました。
音楽を聴きながら本を読んでビールを飲んで、マッタリ・・・・、したかったんですが、雨音が気になります。
ベンチレーターの処理を上手くしないと、そこから浸水してくるのですが、それもなく、快適ではありました。
ゴアテックスのテントって、やっぱり凄いんだね☆
乾燥終了時間には、小降りになりましたが、深夜、一時的に強くなったのがどこか遠くから分かりました。