遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

山梨百名山 〜山伏(2013m)〜

雨畑井川林道の県境から、登り始めます。
笹の茂る道を少し登ると、右側がガレて崩れています!

そのせいで、展望が素晴らしく、林道が一目瞭然。
大無間山のあの佇まい・・・、惹かれます。
左の方に小さく、井川湖と思われる水面が反射して光っていました。
樹林帯の中には、可憐な花が!

ん!? これって、シナノコザクラですか。
凄く鮮やかな色彩に釘付けです☆
4月には、鶏冠山で、クモイコザクラも見られているし、今後も色々見たいと思っています。
林道から、20分程度で、もう山頂になってしまいました。

山梨百名山、93番目、山伏、制覇!!
山梨の標柱は、しっかり傷つけられていますね。
林道が県境だと思っている人が多いのでしょうか。やれやれ・・・。
これだと、八紘嶺も、こんな風になっているのかな・・・。
なまじ、標柱を立てるからなのでしょうが。
どこぞの福島の強引な県境の山に比べれば、遥かにまともだと思うのです。
まぁ、こんな標柱など、どうでもよく、展望は最高♪
二等三角点で、笹原の向こうには富士山が大きく見えます。

少し南側へ進んだ木陰で、ゆっくりと眺めます。
昨日、雨の中、しっかり家の仕事をしてきた善行が効いたのか?、いい天気♪
ああ、やっぱり、私は家で何となく過ごすより、こうして動きすぎなくらい外へ出て行く方が合っているんだなー、なんてことが自然と湧いてきます。
山頂付近は、ヤナギランの保護柵がありますが、時期を外れているので見られません。
一周して、山頂の北面は、南アルプスの3000m級の山々が目を惹きます。

やはり、残雪が豊富に付いているので一目瞭然ですね。
左の上河内岳から荒川岳まで。
片っ端から縦走していけたら、どんなに楽しいだろう・・・。
さて、十分にゆっくりと楽しんだので、下りは軽快に一息で戻りました。
ハイキングにすらならなかったので、七面山で一泊、八紘嶺を経由し、山伏までやって、梅ヶ島温泉で一泊して、翌日ゆっくり帰宅というが理想的です。
これだと、時間的にも余裕が無ければならないし、1万5000円〜2万円コースになってしまうので、私には難しそうですが。
今回のアプローチだと、往復40分もあれば十分でした。