遠流日記

登山・滝見・バイク等、趣味日記

山梨百名山 〜釈迦ヶ岳(1641m)〜

平日でないと、モチベーションが上がらない私です。
しかし、ダラダラと過ごすのは、許すことができないので、軽くハイキングへ。
場所は、山梨、芦川と御坂の境の、釈迦ヶ岳
ここならば、県道36号を楽しめるフェザーでよかろうて。
もう、フェザーに走る目的だけで乗ることはない気がするな・・・。
さて、到着し、日向坂峠(ドンベイ峠)から、歩き始めることにします。

他にも車が4、5台ありました。
殆ど標高差もないので、気楽なものです。
ちょっと登って、稜線を歩きます。

フデリンドウが足元に。

たまに、マメザクラ(フジザクラ)もまばらに。
この花は、霜対策で下を向いて咲くんですよ。
僅かに芽吹いたカラマツや広葉樹の中の登山道。
すぐに、分岐の標札が。

よし、帰りはここを下ろう、と決めて。
前に、他の登山者がいたので、そのペースに合わせてしばらく歩きました。
何だか、不毛な気がしてきたので、要所で入れ替わり、ペースアップ。

あっという間に、府駒山へ。
二等三角点でしたが、展望はないです。
さっさと進んで、岩場も軽快に。
幾つかロープが設置されていますが、邪魔なだけで使うこともありません。
小さいアップダウンはありましたが、簡単に、山頂へ。

3度目の登頂です。
2度目に登った時も感じましたが、見える殆どの山は把握できているな。

さっきまでいた府駒山が左手前に、右の大きい山が黒岳。
もう少し奥の、三ツ峠はもっと混雑しているのでしょう。
低山を楽しむには、私には冬の方が合っていると強く思いました。
展望を満喫して、下りにかかります。
先程目をつけていた分岐を下って、林道へ。

分岐から林道までは、予想より短かったですが、そこから日向坂峠までが、長かった・・・。
まぁ、登り返さなくてはならないので、当然ですけど。

林道脇には、ヒゲネワチガイソウが。
三ツ峠からこの辺りは多いんだっけ。
何台か、車が上ってきたり、下ってきたり。
到着して感じたこと・・・、ハイキングにもなりゃーしないよ!!
あーあ、ぜーんぜん歩き足りない・・・。
しかし、ここを歩いたので、ほぼ御坂山塊の主要な稜線は全て歩いたことになります。
あとは、王岳〜精進湖〜蛾ヶ岳を縦走して更に拡張できれば尚良し。
次は、もっと調子に乗って歩こう☆

  • 本日の行程

日向坂峠(13:05) → 分岐(13:15) → 府駒山(13:30) → 釈迦ヶ岳(14:10) → 府駒山(14:35) → 分岐(14:45) → 林道(14:50) → 日向坂峠(15:20着)